国王である兄から辺境に追放されたけど平穏に暮らしたい 目指せスローライフ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

国王である兄から辺境に追放されたけど平穏に暮らしたい 目指せスローライフ

グータラな王弟が追放先の辺境で紡ぐ、愛され系異世界スローライフ!
著者: おとら (著者) / 夜ノみつき (イラスト)
シリーズ:国王である兄から辺境に追放されたけど平穏に暮らしたい(電撃の新文芸)

あらすじ紹介

☆☆カクヨム連載版を加筆し書籍化!☆☆
現代社会で社畜をしていた俺は、ある日階段から落ちて死んでしまい、異世界に転生した。散々な人生だったから、今度はダラダラしながら楽に生活したい……その願いどおり転生後も過ごしていたら――案の定一国の王である兄から辺境に追放されてしまった!
しかも追放先の辺境都市では領主として迎え入れられて……「グータラしすぎたな、我ながら」
でも俺は諦めないぞ! ここでダラダラ生活するためには、食料・労働環境・住まいなどたくさんの問題が山積みなこの都市を、まずはどうにかしないとね。
城から唯一ついてきてくれたリンをはじめ都市の獣人たちと狩りをしたり、みんなに料理を振る舞ったり、大きいお風呂を作ったり……これは行く先々で周りから愛される者の――スローライフを目指して頑張る物語。

パートナーのおすすめレビュー

  • ダラダラしすぎて追放!? のんびり過ごすために新天地で街づくりッス!!

    ディアナ
    ディアナ
    15歳のマルス王子は転生者ッス! だけど元の人格が「転生後は寝て過ごしたい」と願っていたからか、前世の記憶を取り戻すまでの長い間、とことんグータラしちゃったみたいッスね。そのせいで、兄のロイス国王の手でお城から追放されちゃうんスよ!

    追放されたマルスは、辺境の都市でスローライフを送るつもりだったんスけど……到着してみたら、びっくり。なんとそこの新しい領主に決まっていたッス! だけどマルスは、貧しい生活を送り、困窮する人々のためにも快適スローライフの街づくりを目指すッス!

    マルスはチート級の魔法で大きな魔獣を仕留めてはみんなの食料として持ち帰り、奴隷にも休憩を与えることを義務付けて労働環境を改善ッス。街の問題と戦っていく姿からは、かつてのグータラ貴族の面影は皆無ッスよ! 公衆浴場を建てるときには、人間の職人に浴槽の手配をし、力のある獣人を指揮して建設を進め、魔法で土地の整備をしたりと八面六臂の大活躍ッス!

    そんなマルスの姿を見たら、街の人々も彼を認めざるを得ないッスよね。やがて人々からは慕われ、快適スローライフ環境が着々と整っていく様子がとっても楽しい作品ッス!
  • 領主となったマルスの元、人間と獣人が力をあわせて街を豊かにするの!

    ノエル
    ノエル
    マルスのいるユグドラシルは、魔法の得意な人間と体が丈夫な獣人の二つの種族が暮らしているの。でも、獣人の多くが奴隷として扱われてるみたい……。マルスが領主になったバーバラでもそれは変わらなかったんだけど、彼は獣人と人間が力を合わせることで街全体を豊かにしようとするんだよ!

    獣人には色んな種族がいて、マルスは元からの護衛だった炎孤族のリンの他に兎のラビ、犬のシロ、獅子のレオといっしょに、街の周りの探索や狩りをするの! ラビが音を頼りに敵を探して、マルスとリン、レオがそれを倒すの。食料探しではシロが匂いを頼りに食べ物を探して、力持ちのレオが荷物運びもしてくれるみたいにチームワークもバツグン! 彼らが力をあわせている姿を見て、人間と獣人が協力することの大切さに街の人も気づいていくんだよ! それって、とってもステキなことだよね!

    前世では自炊していたマルスは、異世界でもその料理の腕を振るうの。狩りで持ち帰った食料を市民に振る舞うんだけど、大きな鳥を手に入れたときには唐揚げにしちゃうの! 美味しそ~! 人間と獣人が一緒に食事をとっている様子は温かくて、やさしい気持ちになれちゃうよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • yuu217

    主人公は異世界転生し、マルス王子として誕生。15歳になったとき辺境に追放されてしまう…。辺境都市の領主に就任しダラダラできる環境を目指していくストーリー。 追放とはいっても兄である王がマルスのためを想って成長させるために辺境に送ったということが分かり良い兄だなぁと。 個人的にスローライフ、領地経営的なストーリーが好きなのでめちゃくちゃ好きです!キャラも良いしイラストも可愛いので次巻期待です! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リオン

    書籍では挿絵も相まってみんな可愛い!ダラダラしようとしているかと思いきや、食べたいものややりたいことのためならば一直線に突き進み、なんだかんだ頑張って働くマルスくんのギャップが良きでした。アニメイトのSSでは幼少期のマルスくんとリンの様子が垣間見えて嬉しかったです! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2023/01/16
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784049148077

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK