僕は、騎士学院のモニカ。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

僕は、騎士学院のモニカ。

少女がくれた学園生活。少女のための学園ファンタジー
著者: 陸 そうと (著者) / おやずり (イラスト)
シリーズ:僕は、騎士学院のモニカ。(富士見ファンタジア文庫)

あらすじ紹介

 伝説の騎士は蘇った――なぜか自分を看取った少女の身体で。
 少女・モニカが自らの命を譲ってくれたことを知った“僕”は『騎士になりたかった』という彼女の意思に応えるためにモニカの名を受け継いで騎士学院に通うことを決意する。
 だが生まれて初めて経験する学園生活、それも女子寮。生前の“僕”に憧れる少女たちに囲まれる日々に戸惑いつつ、衰えない剣の技量を示すことで、モニカの名は瞬く間に学院で一目置かれる存在になる。そうして学院で強き騎士の姿を示す中で“僕”は知る――なぜ彼女が“僕”に命を譲ってくれたのかを。
 少女のため伝説の騎士が駆け抜ける。学園ファンタジー!

パートナーのおすすめレビュー

  • 瀕死の英雄を救ったのは謎の少女。目が覚めると身体がその少女になっている!?

    レオン
    レオン
    強敵との戦いで瀕死の重傷を負った英雄ダレンは、謎の少女モニカに命を救われる。だけど目覚めたら、どういうわけかダレンはモニカの体になっていたんだ!

    モニカが最強の騎士を目指していたのを知ったダレンは、彼女の意思を遂げるべくモニカとして、騎士と術士を育成する学園への編入を決める。女性は楽器による演奏で魔法めいた術を扱えるけど、騎士を目指すのは身体強化が可能な男性のほうが一般的。けれどダレンはそんな常識、お構いなしさ。術と剣を組み合わせた戦法で、学園トップの成績をたたき出すんだよ!

    2対1の状況で挑んだ模擬戦でも術と剣技で相手を圧倒。超高速の連続技と演奏による術で防壁を張る等といったスタイルは、人数差をものともしない。つけ入る隙のない活躍ぶりに興奮させられたね!

    そんなダレンでも、女子の生活はさすがに適応しきれないみたい。作ったオムレツは茶色い物体になっちゃうし、ルームメイトと体を洗いあった時には、相手をまともに見られない。かっこいいダレンとのギャップに、思わずクスッとしちゃうんだ 。

    魔法と剣術の華麗で重厚なバトルと、トラブルだらけの学園生活にハラハラドキドキできる一冊だよ!
  • 伝説の英雄の秘めた思い。学園での出会いが彼に新たな気づきをくれます!

    つむぎ
    つむぎ
    世界の脅威と呼ばれる敵すらも一撃で倒す伝説の英雄・ダレンさん。どんな騎士よりも天性の素質に恵まれていた人なら、自信満々の人なんだろうって想像してしまいますよね?

    しかし、実際にはダレンさんはずっと後ろめたさを抱えていました。誰よりも強大な力を持っていたからこそ、自分のために使うのをためらっていたんですね。人助けをしてきたのも、そう。過ぎた力は他人のために使うしかないという、諦めに似た気持ちだったんです。誰から見ても強いはずの英雄も、心まで強いわけではない。切ない話ですよね……。

    そんな彼に気づきを与えたのが、学園の友人達でした。小さい頃に彼に救われたことがきっかけで騎士を目指すと決めたアルギュロスさん。いつかダレンさんの隣に、術士として立つことを夢見るヘリオローズさん。学園に来なければ出会えなかった彼らの言葉には、ダレンさんへの熱い思いがこめられていました。

    強迫観念にも近い感情で誰かを助けてきたダレンさんも、気づかないうちに色々な人に希望を与えていたんです。今までの人生の価値を認めることができたダレンさん。人の価値は簡単には決められないのだと、私達に教えてくれるとっても素敵な物語ですよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    なぜか自分の最期を看取った少女モニカの身体で蘇った伝説の騎士ダレン。命を譲ってくれた彼女の意思を継いで、本来女性にはなれないはずの騎士を目指す学園ファンタジー。全力の剣技に耐えられない女性の身体というアンバランスさを抱えながら、同級生の騎士アルを圧倒して力を証明してみせたモニカ。一方で暗示される不穏な雰囲気の正体。読みやすかった反面、各キャラや事件の背景はもう少し掘り下げても良かったかなと感じましたが、危機的状況に直面する中でも、彼女たちの想いに向き合うことを忘れなかったその結末はなかなか良かったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    音楽と共に発展してきた国で、人類の天敵の中の最強の存在と相討ちになった騎士が、自身を看取った少女の身体に転生し始まる物語。―――誰にもなれぬ、それでも叶える。二つの心が未来を掴む。 女性にしか使えぬ術を補助に剣術を用い力を示す中、街を揺らす事件に立ち向かう物語であり、物語の中で明かされていく思いが真っ直ぐな、心を揺らしてくるファンタジーである。独自の世界観に溢れたファンタジーが読んでみたい読者様は是非。始まったばかりの騎士としての道。果たして騎士は少女の心と、何処へ進んでいくのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    【酷評】 英雄の魂が少女の身体に入ったTS騎士物語。 学園生活やら敵である怪物の利用など、お約束展開は多いけれど、なぜ少女が器になったのかという謎が終盤まで頁をめくらせた。 そして終盤に謎はアッサリ明かされる。サクサク進んだ割にあんまり掘り下げられなかったので、少女の秘密に全然心動かされなかった。 主人公の強迫観念正義もそうだが、こういうキャラなんです。と言われたその後、行動や理由や、キャラのクセを描写しないと設定表記ぐらいの印象しか出ない。 筋は王道なのも、しっくり来ない気持ち悪さに拍車をかけていた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凜音

    読了 音と共に発展した文明を築き上げる「シンフォニーアイランド」とその秩序を守る騎士と神奏術士。古来より大陸に生息する「ディソナンス・不協和音」と呼ばれる人類の天敵。音楽をモチーフにした設定が好みにあっているのでその点は楽しめました。物語もモニカに英雄ダレンの魂が入りTS系になっている点や、今巻で語られる事件の繋がりは面白かったです。 物足りないなと感じたのはキャラクターのバックボーン。物語自体がサクサク進む為各キャラの掘り下げは薄く感情移入しきれませんでしたが、もし続刊が出るとしたら本巻はプロローグ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    男性は騎士に、女性は神奏術士に。宿る力の関係から役割が明確に区分されている世界で最強の騎士を目指す少女モニカ、しかし少女には元最強の騎士の魂が宿っていた。というと特別な力を持って無双みたいなイメージになるけど、神奏術士の力で擬似的に騎士のような力を発揮する部分がしっかりしていたのがよかった。そもそも宿った理由もモニカの力っぽいし。あとアルやリオの力も学生離れしていたので、モニカが孤軍奮闘する感じでもなかったのがよかったと思う。今のモニカは一人ではできないことも多い。仲間と力を合わせて困難を乗り越えていけ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

ファンタジア文庫『僕は、騎士学院のモニカ。』キミラノ試し読み

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK