お茶屋さんは賢者見習い 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

お茶屋さんは賢者見習い 3

リンの決意、その思いに精霊たちが応える――!?
著者: 巴里の黒猫 (著者) / 日下 コウ (イラスト)
シリーズ:お茶屋さんは賢者見習い(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

精霊がいる異世界に転移してしまったお茶屋さんのリン。
彼女の開発した品々が春の大市で販売され、各領から大きな反響が巻き起こっていた。そんな品々に目を付けた大商会の副会長や、『スパイスの国』の長とかかわりを持つことになったリンは、新たに手に入れた香辛料を用いて彼らに料理を振る舞い、レシピを広めるなど、社交面でも活躍するのだった。
しかし、そのせいで様々な利益をもたらすリンを探る者や、悪意をもって近づく者も出てきてしまう。リンを保護している賢者ライアンは、そういった危険を退けるため、リンに対して公式に精霊術師として登録することを勧める。そんなライアンの勧めに、違う世界から来た自分が賢者見習いとしての責任を担えるのか、リンは自身の身の振り方について、考えを巡らせ始めて――。
精霊に愛された賢者見習いの異世界暮らし、夏を目前に、リンが下す決断とは!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ラムレーズン

    Kindle。日本での知識や経験を元に画期的な新商品を開発したり、様々な人との触れ合いからついにリンが精霊術師となることを決意。 なろうの活動報告に書籍版はこれが最終巻かなとあったけど、これで終わっちゃうの??オトナの事情があるにしても、後半は巻きが入ってるなと読み手に伝わるほど駆け足だし、すごくもったいない。この巻で終わらせるなら、オグとエクレールはさらっとでいいからリン・ライアンをもっと書いてほしかったな。続きはWebにあるのかなあ。ここまで面白かっただけに中途半端で残念。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/11/25
  • 定価
    1540円(本体1400円+税)
  • ISBN
    9784046819307

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK