カノジョの姉は・・・・・・変わってしまった初恋の人
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

カノジョの姉は・・・・・・変わってしまった初恋の人

『君は初恋の人、の娘』の機村械人最新作!
著者: 機村械人 (著者) / ハム (イラストレーター)
シリーズ:「カノジョの姉は……変わってしまった初恋の人」シリーズ(GA文庫)

あらすじ紹介

かつて憧れ、恋焦がれた初恋の人。
しかし、数年ぶりに再会した彼女は、変わり果てていた。
彼氏の影響で悪い方向へと進みかけている憧れの人と再会した時――。
アナタなら、どうしますか?

変わってしまった憧れの人よ、好きだった頃の姿に戻って欲しい。
そう願う事は、純愛なのか、執着なのか……――
――これは、純粋で真っ直ぐな、略奪愛の物語。

パートナーのおすすめレビュー

  • 彼女との純愛か、初恋の人との不純愛か。リアルな感情表現に引き込まれます

    つむぎ
    つむぎ
    高校生の鷗さんは、同級生の向日葵さんとお付き合い中。ふたりは自他共に認める相思相愛なカップルなんですよ。しかし、そんな幸せな日々の中で鷗さんは初恋の人との再会を果たします。その人こそ、恋人・向日葵さんの義理の姉、梅雨さんでした!

    昔の梅雨さんは、明るく真っ直ぐな女の子。当時、気弱だった鷗さんをいじめっ子から守ってくれたこともあるのだとか。誰にでも分け隔てなく接する彼女は、鷗さんにとって憧れの人だったんですよ。

    しかし、初恋の人と再会した喜びも束の間。彼女は鷗さんを見定めると、そのまま突然キスをしてきたんです! 鷗さんが知っている昔の梅雨さんは、義妹の彼氏にいきなりキスをするような人ではないはず……。鷗さんがショックを受けるのも、無理はありませんよね。彼女がここまで変わってしまったのには、どんな理由があったのか。気になってしまいます……!

    恋人を大切に想う一方で、初恋の人のキスを拒めなかった鷗さん。ぐちゃぐちゃに混ざり合うリアルな感情表現には、引き込まれてしまうこと間違いありません。機村械人先生が描く「初恋の人」第2弾は、 彼女との純愛か、初恋の人との不純愛かを巡る三角関係の物語ですよ!
  • キュートな彼女とどこか危険な空気を漂わせる初恋の人。複雑な三角関係はどうなっちゃうの!?

    華恋
    華恋
    鷗くんの彼女・向日葵ちゃんはふわふわ系のキュートな女の子っ! 恥ずかしいときにフルフル震えたり、鷗くんに撫でられて上目遣いになっちゃう姿が小動物みたいなんです♪ でもときには、梅雨さんと再会して上の空になっている鷗くんを気にかけたり、初デートで空回りする鷗くんにも笑顔で接するしっかり者な一面もあるんですよ。天然のあざとさと大人っぽさを両立した向日葵ちゃんに、きゅんとしちゃいます〜!

    ですが、そんなかわいい恋人がいるのに、鷗くんは初恋のお姉さんである梅雨さんのことも気になってしまいますっ! 初心な高校生男子をからかって、ドギマギさせちゃう梅雨さんはとっても刺激的♪ 向日葵ちゃんには内緒の関係になろうと持ちかけたりもするんですっ! いったい、どういう意図があるのでしょうか!?

    もちろん、鷗くんは向日葵ちゃんのことを第一に考えようとするのですが……。彼に拒絶されたときに見せる梅雨さんの悲しげな表情に、またドキっとさせられてしまい...! 鷗くんが梅雨さんから目を離せなくなっちゃうのも、無理ありません〜!

    恋人も初恋の人も大切にしたい鷗くんの純粋な想いは、やがて不純愛という名の純愛に……? 複雑な三角関係にくぎ付けです!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    初めてのカノジョができた高校生・大嶋鷗。初心で内気で清楚な同級生、宍戸向日葵との幸せな日々が始まると思った矢先に、かつて憧れ恋焦がれた初恋の人と再会してしまう青春小説。親同士が再婚して向日葵と義姉妹になっていた梅雨との数年ぶりの再会。明るく快活だった昔の面影が失われ、退廃的で荒んだ雰囲気を漂わせる彼女に戸惑いながら放っておけない鷗。タイミングが悪く複雑な構図の三角関係になってしまいそうですが、ここまで来るともうヒロインたちが想いを寄せる主人公の覚悟次第なんですよね。どう転んでも波乱は必至の続巻に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【BW】初めてできた恋人の義姉が初恋の女性だったという恋愛物語で、あらすじにある通り背徳感に満ちており緊張感のある展開でした。しかしそこに不純なものはなく、純粋な愛の形が見えます。主人公・鴎の恋人の向日葵への想いも、梅雨への初恋が忘れられないのも、そして変わってしまった梅雨を何とかしたいという青臭い正義感も本物。状況に流されてそれらを上手くコントロールできない彼の年相応の未熟さが、物語を引っ張る肝になるように感じました。三者三様の形をした”純愛”がどこに辿り着くのか。続きが気になる期待の新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    内気で清楚な同級生・宍戸向日葵と付き合うことになった堅物の高校生・大嶋鴎。かねてより両思いだったこともあり、幸せが待っていると思った矢先、鴎の初恋の相手で向日葵の義姉になった梅雨に突然唇を奪われ始まる物語。 初めての彼女である向日葵を大切にしたい気持ちと、かつての快活さを失った梅雨を何とかしたい気持ち。彼氏として向日葵のことを優先しつつも、頼れる相手がいない梅雨の問題に首を突っ込んでいく鴎に依存していくのは仕方ないのかな。果たして3人の関係がどうなるのか続きが気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★これはまたとんでもない作品を世に出したものだと思わず唸った。初めて彼女の家にお呼ばれした主人公は、幼いころに憧れていた幼馴染のお姉さん、梅雨と再会する。しかし彼女は、屈託なく笑っていたかつての姿から見る影もなく変わっていたことから始まるラブコメ。著者の前作は、所謂、倒錯系とはいえ、爽やかな雰囲気だったのに対し、今回は初っ端から重く苦しい愛の物語が展開していて、正直、こっちの方が断然好み。主人公はかなりの堅物で、彼女である向日葵に誠実であろうとしている姿は好感が持てた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    奪略愛というジャンルは主人公がクズになるか、ハーレム路線走るか、と何かと路線が迷走しがちだ。 今作は男がひたすら真面目に毅然とNOを繰り返すので、健全なのだがお姉ちゃんが子供じみて可哀そうに。 そこから彼女の挫折やらを聞いて、1巻かけて同情心からスルりと入ってくる関係は、強引ではあるが丁寧な導入だったかと。 だがここまでやっても略奪愛で罪深いのは男側。男が主導権を握ればただの浮気、受動的に誘ってしまえば巧妙なクズ。 このジャンルは長期化は難しいだろうな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/12/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815614485

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK