一生働きたくない俺が、クラスメイトの大人気アイドルに懐かれたら 3 素直可愛い美少女との文化祭が始まります
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

一生働きたくない俺が、クラスメイトの大人気アイドルに懐かれたら 3 素直可愛い美少女との文化祭が始まります

ご主人様……似合う?
むずむず&ドキドキ必至な『半同棲』青春ラブコメ、第3巻は文化祭編!
著者: 岸本和葉 (著者) / みわべさくら (イラスト)
シリーズ:「一生働きたくない俺が、クラスメイトの大人気アイドルに懐かれたら」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ご主人様……似合う?
むずむず&ドキドキ必至な『半同棲』青春ラブコメ、第3巻は文化祭編!

大人気アイドル“ミルフィーユスターズ”の三人と過ごした夏休み。
専業主夫を目指す高校二年生・志藤凛太郎(しどうりんたろう)の、束の間の平穏はミアの残した告白であっさり遠のいた。
ミアとのお試しデートの約束に、クラスメイトの柿原には二階堂との関係を相談されるなど、凛太郎の気苦労は増す一方で……?
そんな波乱を経て始まった二学期。
近づく文化祭に、凛太郎のクラスの出し物はメイド喫茶に決定!
玲は凛太郎にいち早くメイド姿を見せたいらしく――?
「りん――――じゃなかった、ご主人様、どうしたの?」
むずむず&ドキドキ必至な『半同棲』青春ラブコメ、第3巻は文化祭編です!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    ミルフィーユスターズの三人と過ごした夏休みから、ミアの告白という波乱を経て始まった二学期。文化祭で凛太郎のクラスの出し物がメイド喫茶に決定する第三弾。文化祭の準備が進む中でも、約束したお試しデートで王子様キャラのミアが意外な一面を見せて、玲もまたそれに少なからず刺激を受けたり、クラスメイトの柿原からニ階堂とのことで相談があったりと、凛太郎の周囲がいろいろと動き出す展開で、凛太郎自身もまたヒロインや周囲の人たちのために自分がどうあるべきなのか、いろいろと配慮した判断が垣間見えて変わりつつあるのを感じました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    文化祭が近づき、凛太郎がバンドに挑むことになる中、新たな相談が気苦労を招く今巻。―――秘める思いが翻り、そこに廻は誰の思い? 恋愛相談を受けたり、ミアの疑似恋人を務めたりする中、文化祭を乗り切っていく巻であり、ミアの思いが玲に明かされ新たな繋がりが出来る中、凛太郎もまた自分の場所を見出していく巻である。果たしてこの先、待っているのはどんな展開か。凛太郎に不穏の展開が見え始める中、一人置いて行かれそうになっている玲は、彼を守ることは出来るのか。その先に待っている展開とは。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    恋愛模様に進展があった文化祭。身近な人に釣られて焦りを覚えるのはよくある事だし、友人方面から触れていくのはありだなと。美亜のお姫様願望な一面が見えたのは嬉しい。でも真正面から勝負を挑むところはやっぱり王子らしさもあるよね。あと個人的に凛太郎と夏音は相性の良さなら一番と思っていたので、ここで明確に一歩引くのはグループのことを考えたら妥当とはいえ意外だった。まぁ感情はままならないし、このまますんなり行くかはわからないけれど。凛太郎も周囲の影響で変わってきてるし、まずは親との面会がどういう岐路になるのか、期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    前巻ラストでミアに告白?された所からスタート。正当な理由で断る凛太郎に対し、ミアの本音は…というエピソードと、文化祭の2本立て。凛太郎がモテたりライブやったりメイド喫茶やったり、色々盛りだくさんな青春を満喫していた。ここでWebで連載していた部分が終了。次回から新エピソードとなるが、加筆部分から、今後凛太郎の家庭の事情も交えた複雑な展開になると思われる。ミルスタにとって凛太郎が欠かせない存在になりつつも、将来像は違う3人。特にレイの想いは深いだけに、行く末の未来に一抹の不安を感じさせる内容となっていた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 熱東風(あちこち)

    面白かった。/学園祭編。ラブコメ作品の学祭で主人公がバンドやるのは定番化してきてる感じがしますね。今回はそのライブやクラスの出し物、二階堂さんとのことを絡めて、前巻まで以上に男子――柿原&堂本との絡みがあって、これも良かった。作者の意図通りミルスタ以外の面々との交流が描けていましたね。/しかしそんな楽しい中にも、アイドルとしていつまでやっていけるか、なんて話も出てくるし、凛太郎の実家の影がちらついてくるし、まだまだ目を離せない感じで、今後も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK