華月堂の司書女官 後宮蔵書室には秘密がある 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

華月堂の司書女官 後宮蔵書室には秘密がある 1

本好き少女、後宮で司書になる。中華お仕事ファンタジー!
著者: 桂 真琴 (著者) / 村上ゆいち (イラスト)
シリーズ:華月堂の司書女官(角川ビーンズ文庫)

あらすじ紹介

本好き少女・白花音は、父に花嫁修行をすると嘘をつき、
後宮蔵書室・華月堂の司書となる。

しかし着任早々、鬼上司や美形宦官(?)らに振り回される毎日!
おまけに、「探してほしい本がある」と秘密の依頼を受けてしまって――?

持つ人は身を滅ぼすという呪本『花草子』をめぐり、
花音は後宮に潜む陰謀と、呪本の「本当の意味」に迫っていく!

第20回小説大賞〈奨励賞〉受賞作。WEB発・中華お仕事ファンタジー!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ぐっち

    結婚より本が読みたいヒロイン・花音が、後宮の蔵書室の司書になって本を整理したり、頼まれて本を探したり…。楽しい。花音が何事にも一生懸命なところもよいですね。私的には上司の人が好きです。続きもあるといいな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ルシュエス

    地元で嫁の貰い手がない主人公が、後宮の司書となって呪本をめぐる騒動に巻き込まれていく。主人公が頑張り屋でミステリ要素もあって楽しめる。複数のお偉いさんとすぐお近づきになれるあたりは話の進行上必要だけど、出来過ぎ感が強い。「それはまた別の話~」とあったから、続刊ありそうですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くまくま

    呪本をめぐる陰謀 続きを読む…

    ネタバレあり
  • bulbul

    結婚よりも本が好き!と、司書女官に受かった花音が呪いの本を巡る後宮の陰謀に巻き込まれて出会うイケメン達。 元気なヒロインです。異世界で一歩間違えればざまぁだなっと、チラッと脳裏を横切ったかもしれない。。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK