のくたーんたたんたんたんたたん
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

のくたーんたたんたんたんたたん

1/2275の頂点!ふざけたタイトル、だけどこれが新人賞最優秀賞!
著者: ムラサキ アマリ (著者) / おりょう (イラスト)
シリーズ:のくたーんたたんたんたんたたん(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「父さんを殺した《亡霊》に復讐するためなら、僕は悪の道を進む――!」
それから五年、緋野ユズリハは裏社会で《死神》と恐れられる都市伝説(ころしや)になった。全ては復讐のために。《亡霊》の手掛かりを掴むためならば友を殺し、担任教師を殺し、その日も少女を一人殺した……ハズだった。
「私は魔女です。悪魔と契約し、決して死なぬ身体となりました」
少女は何度殺そうと立ち上がり、ユズリハに殺され続けた結果「惚れてしまったようです」などと口走り――? 都市伝説が織りなす愛と殺しと復讐の夜想曲第1番、開演――!

パートナーのおすすめレビュー

  • 腕利きの暗殺者・ユズリハが任務失敗!! その相手は魔女!?

    レオン
    レオン
    表向き学生として生活する少年・ユズリハは、裏社会では都市伝説と恐れられる腕利きの暗殺者なんだ。凹凸のない仮面をかぶり、対象が死を認識できないほどの一瞬で息の根を止め、たたんたんたん……と、夜想曲のような足音を残して去る。まさに、顔のない《死神》ってわけさ。

    ユズリハが殺し屋になった訳は、同じく裏社会では都市伝説とされる《亡霊》への復讐。五年前に父親を殺した謎だらけの人物の手がかりをつかむために調査を続けているんだよ。

    そして今回も、いつものように任務に向かったユズリハだけど、ターゲットである『ハナコ』はちょっと勝手が違ったんだ。ユズリハが淡々と暗殺を遂げて引き上げようとするんだけど……背後でターゲットが起き上がる気配が! 確かに殺したはずなのになぜ? と動揺するユズリハにハナコは告げる。私は悪魔と契約を交わして不死になった魔女だってね。そんな《死神》の天敵同然のハナコと出会ったことで、ユズリハの復讐劇が大きく動いていくんだ。

    裏社会の都市伝説たちが集うこの街で、繰り広げられる命のやり取りには始終、心震えたね。ユズリハが奏でる夜想曲の二転三転する展開に引き込まれてしまうよ!
  • 天真爛漫なハナコちゃんとのコミカルなやり取りが楽しいんです♪

    華恋
    華恋
    誰もが見惚れるような金髪碧眼の美少女ハナコちゃんですが、その正体はなんと不死の魔女⁉ ……といっても、魔法を使えるわけではなく悪魔と契約した者のことをそう呼ぶんです。でもハナコちゃんはそんなことを忘れちゃうくらい、天真爛漫な美少女なんですよ!

    とある事情で殺し屋になることを志願したハナコちゃん。ボスから「爆弾担いでヤクザの組ひとつ潰せ」という命令でも遂行できるか、覚悟を問われると真に受けて「爆弾抱えていけば良いんですね? わかりました!」と出かけていっちゃうんです! ハナコちゃん、それはたとえ話ですよ~! でも、そんな危なっかしい素直さが逆に放っておけないですよね♪

    ユズリハくんと出会い、一戦交えたことで恋に落ちたというハナコちゃん。殺されたことを揶揄して「昨夜あんな酷いことをしたじゃないですかぁ」ときわどいことを言うんです。さらには、自分の身体はユズリハくんのものだとまで……! 美少女に積極的に迫られては、タジタジになっちゃいますね!

    そんな可愛いハナコちゃんと、振り回されるユズリハくんのやり取りがコミカルで楽しいんです~♪ おりょう先生の描く可愛いイラストと合わせて楽しんで欲しいですねっ!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 15
    読みたい

みんなからのレビュー

  • オセロ

    父親を殺した亡霊に復讐する為に、自らも死神と恐れられる殺し屋になった緋野ユズリハ。亡霊の手がかりを探る為に、依頼を全うしてきたユズリハが出会ったのは何度殺しても悪魔と契約した力で蘇り、何故かユズリハに惚れた美少女・山田ハナコ(仮)だった。 ユズリハとハナコで裏社会の仕事を行う中で見え隠れする亡霊の目的と正体。思いがけない悪魔の悪戯に合いながらも、ハナコの支えとユズリハの意地が身を結んだ復讐の結末はほろ苦いものでしたけど、本物の亡霊を名乗る人物からユズリハへの手紙が意図するものとは。期待の新シリーズですね! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    父を殺した《亡霊》に復讐するため、裏社会で《死神》と恐れられる都市伝説となった緋野ユズリハ。彼が殺しのターゲットになった死なない少女と運命の出会いを果たす殺しと復讐の夜想曲。全ては復讐のために。《亡霊》の手掛かりを掴むために友を殺し、担任教師を殺し、その日も殺したハズだった少女。何度殺されても立ち上がり、殺され続けてなぜか彼に惚れてしまうハナコは、明らかになるその過去も含めてインパクトのある存在でしたけど、ユズリハが追い続けた復讐が意外な形で終わってしまった中で、その彼女の存在がいい感じに効いていました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    タイトルに惹かれて読みました。復讐モノとして序盤から中盤は良い感じでしたが、終盤にあった、前提をひっくり返すような仕掛けは正直、ガッカリ。優しい物語で締めたいのは伝わるが、今作は厳しい道を突き進んで欲しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    【酷評】 割と真面目な復讐に対する姿勢を問う作品。 が、復讐を相手が望んでいる贖罪行為というのが、やはり復讐作品としてコミカルになっている。文体もそれに合わせた軽いタッチで、進んでコメディ感を後押ししている。 復讐の真実からアンダーグラウンドのシリアスを出そうとしてるけど、文体自体はそう変わらないので微妙なオチだと感じた。 タイトルにあるノクターンの如く喪失の感動をさせたかったのは分かるが、なんで茶化したのが分からない。真面目に真摯に復讐劇をしてほしかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    第三次世界大戦が終結し八十年が経過した時代、暴力の裏の顔を持つ街で、天才的な殺し屋である少年が不死の魔女に出会い始まる物語。―――歌うように進みゆく、それは復讐、そして再生のお話。 どこかコミカルに、けれど中身はシリアスに重く。一見するとふざけているように見えて、けれど実はどこまでも真面目である物語であり、読ませてくる力強さのある、胸を張って面白いと言いたい物語である。始まって終わり、新たに始まる少年の物語。果たしてこの先、無限の可能性の先に待っている物語とは。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

第18回 MF文庫Jライトノベル新人賞 受賞作特集
MF文庫J『のくたーんたたんたんたんたたん』キミラノ試し読み

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/11/25
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784046819413

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK