高嶺さん、君のこと好きらしいよ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

高嶺さん、君のこと好きらしいよ 2

ついに恋人同士になった高嶺さんと間島君!しかし初めての男女交際に迷走中のカタブツ風紀委員長、そこへ過去の間島君を知る後輩ちゃんまで現れて……!?小難しいことは抜きにして夏だ!海だ!水着回だ!
著者: 猿渡 かざみ (著) / 池内たぬま (イラスト)
シリーズ:高嶺さん、君のこと好きらしいよ(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

恋の駆け引き・オン・ザ・ビーチ☆

様々な障害を乗り越え、めでたく付き合うことになった高嶺さんと間島君……
しかし初めての男女交際にカタブツ風紀委員長は絶賛迷走中!
そんなところへ間島君の過去を知る後輩ちゃんまで現れて、二人の恋模様はさらに混沌の渦へ!?

隙あらば間島君へのアタックを仕掛ける後輩ちゃん!
カレシらしく振舞うために試行錯誤を繰り返す間島君!
それはそれで楽しんでいる高嶺さん!
振り回される愉快な仲間たち!

さまざまな思いが! 惑いが! 駆け引きが! 夏のビーチで交差する!
両片想い恋愛ハウツー・ラブコメ第二弾! 再演!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    様々な障害を乗り越え、めでたく付き合うことになった高嶺さんと間島くん。しかし初めての男女交際にカタブツ風紀委員長がどんどん迷走してゆく第二弾。カレシらしく振舞うために試行錯誤という名の迷走を繰り返す間島くんを、それはそれで楽しんでいる高嶺さんという構図で、密かに間島くんをストーカーしていたかつての後輩・天神岡クルミ。意外な活躍を見せた球技大会や岩沢&荒川コンビや高嶺さんの友人ユウカやキーコも交えた海へのお出かけも面白かったですけど、第三者が絡んできたからこそ改めて実感する二人が育んできた絆が良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    嬉し恥ずかしお付き合いを始めた風紀委員長間島ケンゴと美少女高嶺サキ。初デート、球技大会、海へお出かけとイベントたくさんの中、ケンゴの様子がおかしいようで?ラブ度が高まる2巻。癒されたー!最初のデートから初々しさと可愛さが最高潮でした。1巻では完璧超人のようだった彼が、好きな人とお付き合いできて浮かれ空回り気味だったのが可愛らしかったです。サキちゃんを喜ばせたいと恋愛勉強し出すのはやっぱりズレてて微笑ましい(笑)周りのお友達も賑やか楽しく、恋愛に発展しそうな2人もいますし今後が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    超堅物の間島ケンゴ、高嶺の花(っぽいだけで超奥手な乙女)の高嶺サキの両片想いが結ばれたお話の第2巻。ケンゴの過去を知る後輩・天神岡クルミが2人の間に立ちふさがるが、基本は良いカレシになる為に模索するケンゴの迷走っぷりと、当然のように巻き込まれる友人たち、その様子を斜め上の方向で解釈するサキという、相変わらずのカオスっぷりが楽しめる内容となっている。それでいてシリアスな所はしっかりと締まっており、池内たぬま氏の緩急自在なイラストも冴え渡っている事から、正にライトノベルのお手本のような作品となっていた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    無事に付き合いだすことになるも、ケンゴが考えすぎて空回る中、彼を崇拝する後輩であるクルミが絡んでくる今巻。―――分からぬから遠回り、でもそれが愛おしい。 生真面目に考えすぎるが故にケンゴが空回り、サキが振り回されながらも見守る。そんな二人の独特な恋路に、クルミが知る昔のケンゴの像が絡む事で複雑な味を出す、前巻よりも一つ、面白さが増す物語である。 一つ一つ積み重ねて恋人同士になっていく、ゆっくりと進んでいく二人は何処までいけるのか。周りの恋路も動き出す中、次の青春イベントとは。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凜音

    読了 無事に付き合う事になったサキとケンゴ。 カチコチ頭のケンゴらしくデートで想定外が起こると思考の海に沈んで行き活動停止。そんなケンゴに呆れることなく心配したり嬉しそうにしたりところころするサキが微笑ましい。ケンゴはサキに嫌われたくないと迷走しまくって空回ってる所が可愛らしいしそれを察してるというか包み込んでしまうような一面を見せるサキ。天然というかぽわっとしてるイメージの方が強いから以外でもありましたが新たな一面で良かった。天神岡の介入でサキの思いの強さが引き立っていました。周りも何だか良い雰囲気 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/11/18
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784094530988

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK