喋らない来栖さん、心の中はスキでいっぱい。 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

喋らない来栖さん、心の中はスキでいっぱい。 2

(ずっと一緒だと……幸せ)無口な来栖さん、新学年の春もよくデレる。
著者: 紫ユウ (著者) / ただのゆきこ (イラスト)
シリーズ:喋らない来栖さん、心の中はスキでいっぱい。(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

心の声が聞こえる高校生・鏑木律による来栖さんのコミュ力向上特訓も終わり、奇妙な師弟関係から対等な友達となってスタートした新学年。
新クラスには霧崎涼音や雛森さくら達もいるなか、
(これからも仲良く出来たら嬉しい……えへへ)
相変わらず来栖さんは心の中で不意にデレては、律を照れさせていた!
休日には律の部屋で遊んだりと、ふたりの距離が縮まっていく一方――「彼女がいるって嘘なんでしょ」
来栖さんとの距離感から、涼音にトラブル回避のための嘘がバレてしまい!?
「私と律の関係って、なんだろうね」
お互いが落ち着く“気の合う同士”で止まっていた関係が、ついに動き出す!

みんなのデータ

  • 18
    評価する
  • 13
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    来栖さんとの奇妙な師弟関係が対等な友達となってスタートした新学年。しかし律と来栖さんとの距離感から、涼音にトラブル回避のための嘘がバレてしまう第二弾。霧崎涼音や雛森さくらたちもいる新クラスで、全力でいろいろ頑張っては律に懐いている来栖さん。休日には律の部屋で遊んだりと二人の距離が縮まっていく一方で、明らかになってゆく律を中学から知る涼音が抱える複雑な思い。腹黒会長の雛森の空回りっぷりもなかなかいい感じに効いていましたけど、グループとしてもいい感じになってきた四人の関係にも変化の兆しがあって続巻に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    新学期となり、周囲へ交流の手を伸ばす瑠璃菜を見守る中、涼音に嘘が露呈してしまう今巻。―――宙ぶらりんに光を当て、見つけ出すのは自分の道。 瑠璃菜の頑張りを見守ったり、まったりと二人の距離を詰めていく中、涼音との過去と彼女の内面に光を当て、彼女が本格的に舞台へ上がる今巻。ラブコメから青春へとシフトする事で、更に面白さを増していく巻であり、より多角的な面白さを出していく巻である。彼女の中に芽生えた思い、彼女の中で揺れる思い。律に悪された事情も仄めかされる中、この青春は何処へ向かう。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凜音

    読了 今巻は涼音との過去や涼音自身にフォーカスが当てられた内容でした。瑠璃菜をメインに律との関係が進んでいくと思ったので不意をつかれました。涼音の解像度が上がったことで甘いラブコメでは無く青春作品になっていくのかなという印象。前巻までの内容から、律にも確実に何かが有るのは分かっているのでこれから先順番にヒロインを深堀してその後に律の問題に行くのか、それとも次巻で着手するのか楽しみが尽きない。涼音の最後の心情は聞こえてしまったら意識せざるおえないよね。自分自身には鈍感そうな律しっかり迷って悩んで欲しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    無口だけどみんなと仲良くなるために健気にがんばる来栖瑠璃奈の為に、他人の心の声がわかる鏑木律がお手伝いするお話第2巻。前巻で少しコミュニケーションが取れるようになった瑠璃奈のがんばりが更に加速する前半は尊さに溢れており、かわいいが過ぎていた。後半は唯一心が読めない霧崎涼音と律の過去、そして今の関係に焦点が当たっており、彼女持ちと公言しながら実はいない律と瑠璃奈の関係について思う所を見せていた。他にも律と瑠璃奈の過去等、今後に含みを持たせており、次巻にも大きな期待。なお、雛森さくらは相変わらずウザくてよい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • らいら

    前半は進化した来栖さんの日常。可愛らしい女の子たちとのほんわかした日常が描かれていて、良き雰囲気。 後半が涼音編。涼音との出会いや律との関わりを深掘りし、涼音が今後の決意を固めるまでのお話。心の声が聞こえない彼女が律と関わり続ける経緯が語られる話で、こちらも良き。 個人的にはやはり、雛森の律に気に入られようとして玉砕し続ける言動が一番良きです。次巻は個人的一番のお気に入りキャラの雛森編とのこで、とても楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK