もふもふと楽しむ無人島のんびり開拓ライフ ~VRMMOでぼっちを満喫するはずが、全プレイヤーに注目されているみたいです~
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

もふもふと楽しむ無人島のんびり開拓ライフ ~VRMMOでぼっちを満喫するはずが、全プレイヤーに注目されているみたいです~

もふもふを満喫! VRMMO×無人島で子狼とスローライフ!
著者: 紀美野ねこ (著者) / 福きつね (イラスト)
シリーズ:もふもふと楽しむ無人島のんびり開拓ライフ(電撃の新文芸)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

フルダイブ型VRMMO『Iris Revolution Online』で、無人島でのソロプレイをはじめる高校生・伊勢翔太。
不用意に配信していたところを、クラスメイトの出雲澪に見つかり、やがて澪の実況で、ぼっちライフを配信することになる。
怪我しているのを助けて懐いた狼(?)のルピとともに、島の冒険や開拓、木工や陶工スキルによる生産などを満喫しながら、翔太は、のんびり無人島スローライフを充実させていく。
その独特でワクワクするような生活は、配信を通して、ゲーム世界全体に影響を及ぼすことに――

パートナーのおすすめレビュー

  • ”もふもふ”な相棒と無人島で仲良くサバイバル!

    ノエル
    ノエル
    ショウは一人でMMOを楽しみたくって、ゲームのスタート地点に無人島を選んだの。最初は木の実を取ったり、ウサギを狩ったり、無人島生活を満喫していたショウだけど、森の中で”もふもふ”な狼の子を見つけるんだよ! でも、ケガをして弱っているみたいなの…。

    ショウは子狼を手当てして、ルピって名前をつけてあげるの。すっかり元気になったルピはショウに飛びついて、すごく喜んでいるみたい! ふたりはすぐに仲良しになって、一緒に狩りをしたり、道具を作ったりして楽しそうなの!

    気づけばショウは、無人島生活をルピ中心に考えてしまうんだ。ルピが自分でウサギを狩れるようになるにはどうしたらいいかに頭を悩ませたりして、もうすっかりサバイバルには欠かせない相棒になるの!

    でも、なにがあるかはわからないのが無人島…。ショウとルピが森の中を探索していると、突然大きな熊が出て来たんだよ! 今のショウたちじゃ勝てないから必死に逃げるけど、ルピが熊に怪我をさせられるの!

    深い傷ではなかったからよかったんだけど…。ふたりは、いつか熊を倒せるくらいに強くなろうと誓うんだ。危険も経験に変えるふたりの成長は、見ていてパワーをもらえちゃうよ!
  • 楽しくゲーム実況できるのも、支えてくれる仲間がいるからこそなのです

    つむぎ
    つむぎ
    ゲームをするクラブ『電脳部』に所属するショウさんとミオンさん。しかし、電脳部は廃部の危機……。そこで活動実績になるよう、ショウさんはゲーム内で無人島生活をし、ミオンさんはその様子を実況するというゲーム実況動画を作るんですよ。

    無人島生活が人の目に晒されると知りつつも、気にせずにゲームを進めるショウさん。すると、ゲーム実況を投稿した途端、動画の再生数が跳ね上がったのです。どうやら彼のいる無人島は、ゲームの中でもとても珍しい場所のよう。他のプレイヤーからは興味だけでなく、妬みの目も向けられてしまうんです。

    それでも彼が安心してゲームをできるのは、ミオンさんや部員たちの支えがあるからこそ。ショウさんの動画が有名になればなるほど、彼に対し嘘の情報を流す人や、辛辣な言葉を投げかける人が出てきて問題は尽きません。ショウさんが動画配信を続けるべきか悩んでいても、ミオンさんたちがゲーム実況で他のプレイヤーに警告をするなどして対処をしてくれます。

    ひとりで無人島生活を楽しむはずだったショウさんも、そんな彼女たちを信頼し絆が生まれていくんです。チームワーク抜群の部員同士の友情には、温かい気持ちになれますよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • bluets8

    web版既読。サポート役に回されるのが嫌でMMOなのに無人島スタートを選んだ主人公が、垂れ流していた配信をヒロインに見つかるところから始まる物語。何を作るにしてもまずは入れ物からという一つ一つ課題をクリアしていくサバイバルゲームらしいコツコツ感と、ゲームシステムと主人公の知識でサクサク進むお手軽さがいいバランスで、やってみたいと思えるゲーム内容。そこに初々しくてニヤニヤできるヒロインとのやり取りが花を添える。妖精が出てきて、ヒロインにヤンデレの兆しが見えてからが本番なので、何卒2巻をお願いします。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/09/16
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784049144413

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK