TS悪役令嬢神様転生善人追放配信RTA 嫌われ追放エンドを目指してるのに最強無双ロードから降りられない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

TS悪役令嬢神様転生善人追放配信RTA 嫌われ追放エンドを目指してるのに最強無双ロードから降りられない

最強orポンコツ?逆RTA(リアル・タイム・アタック)ファンタジー!!
著者: 佐遊樹 (著) / ぬくもり (画)
シリーズ:TS悪役令嬢神様転生善人追放配信RTA

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

神々の創ったゲーム世界で美少女(マリアンヌ)へと転生した主人公。
神々のお遊び『配信』で、ハチャメチャな条件付きで追放RTA(リアル・タイム・アタック)をすることになったマリアンヌ。
いっそ最速で追放エンドになることを目指し
「暴力」「暴言」「喧嘩」「無双」「禁呪」etc.
ありとあらゆることを試した結果、なぜか学園での人気者に!?
そんなとき『竜殺し』と邂逅したマリアンヌはーー
ルールブレイカー必至?逆RTA(リアル・タイム・アタック)ファンタジー!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 最速追放を目指して、全速力で邪道へ突き進むッス!!

    ディアナ
    ディアナ
    雷に打たれて命を落とした主人公が、神様にお願いされたのは【悪役令嬢に転生して、最速で追放される様子を生配信】すること。神様界隈では転生した様子を生配信するのがブームらしいッス。……とはいえ、神様。この企画“TS悪役令嬢神様転生善人追放配信RTA”は、いろいろ詰め込みすぎで理解が追いつかないッスよ!

    神様に言われるがまま、彼が転生したのは悪役令嬢マリアンヌ。追放されるため、彼女が始めにしたことは、入学式で新入生全員に喧嘩を売ることだったッス! 手っ取り早く全員を嫌われれば、追放してもらえるという算段ッスね。マリアンヌは悪役令嬢らしく戦い、華麗に散ろうと決意するんスが……。

    どこを間違えたか、最終的に新入生全員を叩きのめしてしまうッスよ! するとヒロインちゃんにとっては、憧れの令嬢に。婚約者のイケメン貴公子からは「もっと自分を見て欲しい」と熱い眼差しを向けられる始末。悪役令嬢どころか、悪のカリスマ的存在になりそうな勢いで、これじゃあ追放どころじゃないッスよね!

    全速力で邪道へ突き進む悪役令嬢マリアンヌの、前人未到の追放RTA! 何もかも想定外な彼女の活躍に、もう興奮させられぱなしッス!
  • 悪役としての美学を貫き通す彼女の未来は追放か、それとも……?

    レオン
    レオン
    追放RTAを目指す悪役令嬢マリアンヌの思考は、常に「どうやって追放されるか?」ばかりなんだ。嫌われるためにクラスメイトの頬を叩いてみたり、友人を鍛えて自分を倒させようとしたりね。かなり突拍子のないことをする彼女だけど、起こした行動の殆どが巡り巡って、尊敬を集めてしまう。逆に追放からどんどん遠のいていっちゃうのが可笑しいんだ!

    意に反して尊敬を集めてしまう理由は、マリアンヌの持つ悪役としての美学にある。彼女の美学は、自分が世界最強だと信じて疑わないこと。世界最強だと信じているから、強敵にも向かっていくし、自分の道は絶対に曲げない。確固たる信念があれば、物語の悪役だって魅力的に映るもんね。

    そんなマリアンヌの使う魔法『流星』の禁呪は、彼女の言動よりも規格外。流星の禁呪は全13節にも及ぶ長い魔法だけど、彼女はこれを短縮して、2節で唱えられるんだ! 短縮すると威力は落ちるけど、元々高威力の禁呪だから並の魔法使いでは防ぐこともできない。マリアンヌはこの魔法があるからこそ、自分が世界最強だと信じられるんだよ。

    最強の禁呪×最強の悪役令嬢! 己を貫き通す彼女の気高い生き様にもう目が離せないよ!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • サケ太

    めっちゃ楽しい。題名通りの物語であるものの、それを目指して突っ走る主人公の爆走、迷走が楽しい。主人公の趣旨が変わっていくのを楽しむ作品。本人自身も自覚しながら、止められるわけがない。どこまでいくのか非常に気になる作品。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    転生したセカンドライフで善人追放RTAの配信を求められたので「学園の全員を敵にしたら即効じゃね」と暴れたら無双してしまったTS令嬢の話。あらすじの段階で荒唐無稽なんだけどもストーリーも破天荒でけどそこがいい。スラングというかネット用語を知らないとちょっとキツいとこもありますが。序盤数ページはノリを理解するのに大変なレベルでスラングでしたが。ノリと勢いと奇想天外なところはすごいので、2巻でどう化けるか楽しみですね。百合ルートにいくのか、無双を突き進むのか。アニメ化したら映えそうだよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★☆ THE暴力の化身悪役令嬢マリアンヌ・ピースラウンド入場ッ! 天上天下唯我独尊のポーズも神々しい、世紀末クソバカ令嬢爆誕である。いやあもう楽しい! 面白い! 笑って笑って燃えて燃えて! クソバカ熱い自称悪役令嬢の流星そのものの輝き燃えて燃え尽きるヒーロー譚だ。そして他の追随を許さぬIQ5億の伝説のアホの物語だ! ウハハハッ、やっべえアホだ。でもバカを貫き通せばカッコいいの一言なのよ、バカだけど。これでまだ序盤も序盤で大人しかったんだなあ、と感じてしまう辺り、後どれだけ変身を残してるんだ、とw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • (web版既読)面白い。最初はタイトル避けの一作、今は大好きな作品の一つになった。ただ、タイトルからも分かると思うが、サプカルチャー主人公のマリアンヌは、まあ、頭の流星(?)の脳筋、拳(流星)を以って心を交わすな破天荒系。彼女は最速の追放を目指すが、悉く裏目を出す(幼女戦記のデグさんを想起)。今回はとりあえず人物、世界観等の紹介。あと、魔法の詠唱も凄くカッコいい。 書き下ろしはリンディとの森デート。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水素

    読み始めて3日で読み切ってしまうほどのめり込んだ先々月。最初期から追ってた人とは比べものにならないと思うけど書籍化して嬉しい。書き下ろしめっちゃあるじゃん……!マリアンヌを挟まないロイとジークフリートの会話が好きだった。マリアンヌがらみだとバグってるロイが好き。あんなに聡明なのに…… 強くて真っ直ぐで、文字通り流星みたいに駆けて破滅を目指している女(なんだけど真っ直ぐすぎて逆走している)可愛い。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/08/30
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784047368101

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK