親友歴五年、今さら君に惚れたなんて言えない。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

親友歴五年、今さら君に惚れたなんて言えない。

親友同士から始まる、距離感ゼロの両片想いラブコメ開幕!!
著者: 三上 こた (著者) / 垂狼 (イラスト)
シリーズ:親友歴五年、今さら君に惚れたなんて言えない。(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 高校の入学式の朝、巳城陸は玄関先にいた女の子に一目惚れをした。おろしたての制服に、春の陽気を纏ったポニーテール。そんな目も覚めるような美少女は、五年来の親友だった――。
 小学校からの親友・西園寺碧。昔からソフトボール一筋で、野球部だった俺と趣味も合い、いつの間にか気の置けない仲になっていた。そんな彼女の姿が、春休みの少しの間でこんなに変わって見えるなんて……。 一方、密かに陸に好意を寄せていた碧も、そんな陸の心情の変化に気付くわけもなく……。

「陸~、今日は一緒に何するー?」
「そ、そうだな……」

 親友同士から始まる、距離感ゼロの両片想いラブコメ開幕!!

パートナーのおすすめレビュー

  • ちょっとした変化で恋を自覚する瞬間、皆もある?

    華恋
    華恋
    『とってもカワイイ私と付き合ってよ!』で、デビューした三上こた先生の新作はムズキュンすれ違いラブコメディですよ♪

    主人公の陸くんは春休みの間、親友の碧ちゃんに会えていませんでした。そして迎えた高校の入学式。3週間ぶりに会った碧ちゃんは高校の制服がすごく似合っているし、なぜだか以前よりずっと美人に見えちゃうんです! その瞬間、ビビっときた陸くんは碧ちゃんにときめいちゃうんです/// 今までずっと傍にいて何も感じなかったのに、相手のちょっとした変化で恋を自覚するなんて、エモいですね~。

    でもそんな彼の気持ちに気づいてない碧ちゃん。……と思いきや、彼女も陸くんに片思い中なんです! だからふたりきりで遊んだ後に「好きな人としかデートしない」って遠回しの告白をしちゃったり♪ でも陸くんが「碧には好きな人がいないってことだな!?」なんて自信満々にズレた解釈をしてしまって……残念すぎますよ~! 長年の友情を打開するためには、遠回しの告白じゃなくて、真向から「好き」って伝えるしかないみたいですね♪

    とっくに両想いになっているのに、本人たちは自覚ナシ! テンポよくすれ違う両片思いはじれったくて、悶絶必至ですっ!
  • 何一つ変わらないと思っていた親友ふたり、友情が恋へ。

    綾乃
    綾乃
    陸くんと碧ちゃんは両片思い中。カップルデーの割引目当てで恋人のふりをしたり、新作ゲームをしにお互いの家に行ったり…付き合っていないことが不思議なくらい仲が良すぎるの。

    ふたりは何でも話せる友だち以上に固い絆で結ばれているんだ。陸くんは中学時代、進学先が別々になっても「俺達の友情は何一つ変わらない」って思っていたの。高校生っていう近い未来のことを語り合うふたりはキラキラしてて、すごく青春してるって思えたな~ 。

    そんな仲良しなふたりは、高校でも付き合ってるって誤解されちゃうの。けど、ふたりにとってこれは慣れっこ。必死に否定しても面白がられるだけだから、付き合っていると肯定して噂が収まるのを待つことにしたんだよ。でも今回は手ごわくて……。

    収まるどころか、ふたりが結婚するって誤解が拡散されてしまうの! でも周りに付き合っていると思われれば、相手も自分を異性として見てくれるかも~なんて、既成事実を作りたいふたりVSどんどん規模が大きくなる噂話にハラハラしちゃったよ~。

    ある日ふと親友へ抱く感情や親愛が恋心に変わる。仲が良い状態からスタートする両片思いに戸惑いつつも、頑張るふたりを温かく見守りたいなぁ。

みんなのデータ

  • 14
    評価する
  • 25
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】野球部だった陸とソフトボール部だった碧は5年来の親友同士。二人はいつしか互いに恋心を抱くけど、「親友」から一歩先に踏み出せない。そんな「今さら君に恋した」なんて言えない両片思いの二人のラブコメ。前作同様に登場人物どうしの掛け合いが軽快で楽しいですね。また、二人の来歴から恋愛を「球技」に例えるのも面白い。あと一歩を踏み出せない理由が、互いに「言えないこと」があること、すなわち互いを思い遣る気持ちであることに何とも切なさともどかしさを感じてしまうけど、これぞ青春とも思います。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    小学校からの親友だった西園寺碧。数週間ぶりに再会した高校の入学式の朝、その美少女ぶりに一目惚れした巳城陸の両片思い青春ラブコメ。昔からソフトボール一筋で、野球部だった陸と趣味も合い、いつでもどこでも一緒の気のおけない親友関係になっていたがゆえに、なかなか関係を変えるアクションを起こせない陸。一方、密かに陸に好意を寄せていた碧も、そんな心情の変化に気付くわけもなく、二人で空回りや自爆する展開には頭を抱えたくなりましたけど、すれ違いに正直な思いで答えた二人の関係…は相変わらずでこれは道のりが遠いですね(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★小学校からの5年来の付き合いになる親友に一目惚れしてしまう主人公。しかし、なまじ一番近い距離にいるだけに、最後の一歩、関係性を変えることができないでいる。それはヒロインも同じで…な両片思いを描いた作品。異性の親友だからこそ鈍感にならざるをえなかったというのは、アプローチを決めきれない理由としては非常に説得力のあるものでよかった。また、両者の視点から描かれることで、二人の気持ちが読者には開示されているため、ある種安心してみていられるのは嬉しい仕掛けだった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    親友だから距離感はゼロ!だからこそ、次の一歩が踏み出せない…。高校の入学式の朝、巳城陸は玄関先にいた女の子に一目惚れをした。その美少女は、五年来の親友だった…。小学校からの親友・西園寺碧。昔からソフトボール一筋で、野球部だった陸と趣味も合い、いつの間にか気の置けない仲になっていた。そんな彼女の姿が、春休みの少しの間でこんなに変わって見えるなんて…。一方、密かに陸に好意を寄せていた碧は、そんな陸の心情の変化に気付くわけもなく…。親友同士から始まる、距離感ゼロの両片思いラブコメ!今後の展開がとても楽しみです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★☆ 作者の前作がとても良かったので購入した作品。 内容としてはタイトル通り、気の置けない友人に対して遅まきながら異性の魅力に気付いてしまう所から始まるラブコメ物でした。ただ、主人公からヒロインへの矢印だけでなくヒロインから主人公への矢印も向けられている両片想い作品へと仕上がっていましたね。 お互いがお互いを気遣い、想い合う様子にはどこか甘酸っぱい気持ちを思い起こされ、終始彼らのやり取りをニマニマしながら見守る事が出来ました。 気の置けない友人との両片想いラブコメという、個人的にめちゃくちゃ刺さるジ→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

スニーカー文庫『親友歴五年、今さら君に惚れたなんて言えない。』キミラノ試し読み

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK