魔弾の王と凍漣の雪姫 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔弾の王と凍漣の雪姫 12

大陸全土を襲ったすさまじい凶作は、神の降臨が近づいている予兆だった。ティグルたちは降臨を阻止すべく、ヴォージュ山脈へと急ぐ。
著者: 川口士 (著) / 美弥月いつか (イラスト)

  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

大陸全土を襲ったすさまじい凶作は、神の降臨が近づいていることを知らせる予兆だった。
最後の魔物ズメイは夜と闇と死の女神ティル=ナ=ファを降臨させる儀式にとりかかり、
使徒メルセゲルは異神アーケンを降臨させるべく策を巡らす一方、流血と混乱の渦を生みだそうと暗躍していた。
いずれの神が現れようと、人間が滅び去るのはまぬがれない。
ティグルたちは彼らのたくらみを阻むべくヴォージュ山脈へ急ぐ。
だが、彼らがたどりついたとき、ヴォージュの山々は禍々しい瘴気を噴きだしていた。
星に矢を届かせようとする願いからはじまった若者の物語は、終局へと向かう。
ティグルとミラ、リュディは新たな未来を手にすることができるのか。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 彼方

    神の降臨の予兆による大陸全土を襲った凶作。各地がその影響で荒れながらも、ティグルたちは元凶を絶つべくヴォージュ山脈へ向かう…ミラのメインヒロインに据えた凍漣シリーズもついに完結。クレイシュ率いるムオジネル軍VSソフィー&オルガの戦が面白かったり、ようやくズメイも滅んだなぁと…でもいつか復活するんですよね…。正直ラストもレギンの心境とか、本編ほど綺麗な終わり方ではなくて少し複雑な気持ち。何なら数年後で子供産まれるくらいしても良かったのでは…? パラレルの示唆といい、何かメタい…ともあれ完結お疲れさまでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささじー

    完結!最終的にティグルは行方不明となっているとして、ミラのそばにいることに!他のパラレルワールドについても結構描かれている!そして、後書きに述べられた新たなルート!今度はどんな物語だろう! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK