妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。

女騎士の妹の世話をしてたら、なんか女王とかに見初められてた
著者: ラマンおいどん (著者) / なたーしゃ (イラスト)
シリーズ:妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 妹が入学したのは女子のみが通う騎士養成学園。王国最高と名高い学園でも優秀な妹は縦横無尽の活躍を見せていて――

「兄さんがわたしなんかよりずっと強いこと伝えてきました!」

 いや、ぼくはただの庶民だけど……?(※嘘です。兄さんはヤバい強さです。無自覚なだけです)
 そのせいで学園の女騎士がぼくの前に来たので一応模擬戦したり(※学園最強の女騎士が一瞬で実力差を分からせられました)
 運動後のケアをしたり(※兄さんのマッサージは女騎士大喜びで貴族でも評判に!)
 普通にしてるだけで、ぼくは王女の目に止まり――え、何故?

 自称庶民による無自覚女騎士ハーレム×成り上がり!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    王立最強騎士女学園に入学した優秀な妹スズハ。彼女が自分より強い兄を自慢したことから、公爵家の王国最強騎士ユズリハがスズハ兄に興味を持ち、庶民だった彼の運命が変わってゆくファンタジー。ブラコン妹の話を聞いて家にやってきてスズハ兄の圧倒的な強さを知り、家に入り浸るようになるユズリハ。そしてユズリハの紹介で彼に興味を持つ王女トーコ。妹やユズリハといった魅力的なヒロインにフォーカスして白髪吸血鬼やオーガ退治に挑むスズハ兄が、さらには王国のクーデターにも巻き込まれてゆく展開は、ゆるいラブコメものとして楽しめました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    【酷評】 WEB系列だが、カクヨムというWEB媒体のおかげか、ある程度章立てされていてストーリーもぶつ切りではない。 が、今作のリアリティのハードルがどの程度なのかイマイチ掴めなかった。女性騎士団が最初に出るのに説明がおざなり。王侯貴族のしがらみや制限はちょくちょく出るのに、立場なんか隠さず庶民と平然と話す。主人公のマッサージや才能が凄いとか語るけれど、理由は語られず描写は淡白。 意味深に仄めかすことも布石になる設定もなかった。私個人が勝手に空回りして疲れた。コメディとはわかってるのだが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    女子のみが通う騎士養成学園に入学した妹スズハを持つぼく。スズハの失言から公爵令嬢で最強生徒会長ユズリハと手合わせしたことから王国を揺るがず陰謀に巻き込まれる無自覚ハーレム&成り上がりファンタジー。設定の全てがゆるい本作。ぼくが強い理由や謎マッサージの秘密など明かされないのが残念だが、あえて曖昧にしておくのも有りなのかも。トントン拍子で王女トーコを巻き込んだ大事件に突入していくのもテンポよく、ストレスを感じるとしたら件の謎ぐらいだろうか。しかしこの国はよくこれまでやってこれたなと思う読後感だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ 第7回カクヨムWeb小説コンテスト特別賞受賞作。Web版未読。読みやすさ重視のゆるーい無自覚最強系異世界テンプレ小説。テンプレといえどヒロイン全員巨乳で戦闘の天才というここだけは譲れないという作者のこだわりが入った作品だが、妹を除いてヒロインレースを勝ち抜くために良い意味で計算高いヒロインが面白かった。面白かったが、パンイチのノーブラ特攻はさすがにやりすぎじゃないですかね? 戦闘描写を極力省く思い切りの良さは良かったのか悪かったのか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    ゆるめなファンタジーの異世界で、無自覚ながらも最強な少年が妹の手により表舞台に出る事になり始まる物語。―――無自覚な最強は示される、そして世界が変わりだす。 清々しいまでに無双と無自覚ハーレムに全力を注いでいる物語であり、作者様の性癖も詰め込まれ真っ直ぐに描かれているからこそ、いい意味で安心できる安定な面白さがある物語である。安定を選びたい読者様は是非に。果たして始まったばかりの成り上がりは何処まで進むのか。無自覚なままに突き進む最強の力は、どこまでいってしまうのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK