砂の上の1DK
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

砂の上の1DK

人に宿った未知存在と青年スパイ、期限付きの逃亡生活が始まった。
著者: 枯野瑛 (著者) / みすみ (イラスト)
シリーズ:砂の上の1DK(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

産業スパイの青年・江間宗史は、任務で訪れた研究施設で昔なじみの女子大生・真倉沙希未と再会する。
追懐も束の間、施設への破壊工作(サボタージユ)に巻き込まれ……
瀕死の彼女を救ったのは、秘密裏に研究されていた未知の細胞だった。
「わたし、は――なに――?」
沙希未に宿ったそれ=呼称“アルジャーノン”は、傷が癒え身体を返すまでの期限付きで、宗史と同居生活を始めるのだが――
窓外の景色にテレビの映像、机上の金魚鉢……目に入るもの全てが新鮮で眩しくて。
「悪の怪物は、消えるべきだ。君の望みは、間違っていないよ」
終わりを受け入れ、それでも人らしい日常を送る“幸せ”を望んだ、とある生命の五日間。

パートナーのおすすめレビュー

  • 儚くも眩しい、期限付きの同居生活。

    つむぎ
    つむぎ
    仕事の依頼を受け、ある研究所へ向かった宗史さん。 彼はそこで、かつての知り合い沙希未さんと6年ぶりに再会したんです。昔と変わらず慕ってくれる沙希未さんに、彼もほっとできたようですね 。

    しかし、温かな再会も束の間。陰謀に巻き込まれた沙希未さんが重傷を負ってしまうんです! 一命をとりとめ目を覚ました沙希未さんでしたが、人格だけ彼女ではない“何か”に変わっていました…。沙希未さんの姿をした未知の生命体は【アルジャーノン】と名付けられて、ひとまず宗史さんが匿うことになります。

    人ではない彼女は、料理に味を付ける意味や、綺麗な景色に感動する感情がわかりません。ですが、少しずつ人間の暮らしにも慣れていった彼女は、料理に挑戦し映画を見たり、人間特有の感情を見せるようになっていきます。いろいろなことに興味を持ち始め、人間の生き方に近づいていく彼女を見ていると、不思議と小さな子が成長していくのを見守る気持ちになれました。

    ですが、『沙希未さん』にまた会うためには、彼女と暮らし続けるわけにもいきません。アルジャーノンは、いつか消えてしまう存在…。期限付きの同居生活は儚くて、とても眩しく映るんです。
  • 情が薄い裏の世界でも正義感を失わない主人公がカッコいいよ!

    レオン
    レオン
    宗史はとても優秀なスパイなんだ。周りを見てすぐにセキュリティの穴を暴き、声をかけてきた人の外見から年齢や生活習慣を見抜くことができるんだよ。だけど、それが当たり前になるくらい裏の世界で生きてきたんだって考えたら、 少し寂しい気持ちになるね……。

    危険な世界に身を置く宗史の心のガードは固いけど、彼は助けを求める声を拒みはしない。アルジャーノンと暮らしているのもそう。宿主の沙希未が意識を失う直前、宗史に助けを求めたからなんだよ。情が薄い裏の業界で生きていても、人としての正義感を失わないなんてカッコいいよね!

    だけど、宗史が救いたいのはあくまで『沙希未』のほう。だから彼女の体を乗っ取ったアルジャーノンには、つい冷たく接してしまうこともあるんだ。彼女も事件に巻き込まれた被害者だと頭では理解していても、気持ちの整理はつかない。そのことに内省する宗史が見ていてやるせなかったよ。

    宗史はスパイになる前にすべてを捨てた。だけど皮肉にも彼は、人ではないアルジャーノンと暮らすことで普通の日常を送ることになる。「終末なにしてますか?」シリーズ・枯野瑛先生の新作は、キャラもドラマも深くて1本の映画のような読み応えだよ!

みんなのデータ

  • 11
    評価する
  • 31
    読みたい

みんなからのレビュー

  • なっぱaaua

    枯野瑛氏初読。とある事件がきっかけとなり産業スパイとなった江間宗史は再開した女子大生:真倉沙希未が中学生だった時の元家庭教師。沙希未の父が巻き込まれる事件によって、沙希未は研究対象である未知の存在コル=ウアダエに入り込まれてしまう。この寄生生物:アルジャーノンと宗史が逃亡生活で過ごす1LDKでの話。未知の生物によってホラーになりかねない話であるのだが、人類を学び心を開いていく姿がなんとも言えず、また登場人物たちの優しさが心地よい。最後の結末も優しさの上に成り立っていて読後感の非常に良いお話しでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    産業スパイの江間宗史が研究施設で再会した昔馴染の女子大生・真倉沙希未。 直後に施設への破壊工作に巻き込まれて始まる、人に宿った未知の存在と青年スパイの期限付きの逃亡生活。抗争の原因となった研究施設で秘密裏に研究されていた未知の細胞。沙希未の傷が癒えて身体を返すまでという期限付きで沙希未に寄生し、宗史と同居生活との中で、人としての生活を学習しながら積み重ねてゆくかけがえのない日々があって、様々な思惑が絡み合う中で唐突に迎えたその終わり、そして譲れないもののために戦い抜いた結末にはぐっと来るものがありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    未知の生物に寄生された少女との、奇妙な同棲生活の物語。“アルジャーノン”と名付けられた存在が、無垢ですくすくといろんなことを吸収して成長していく様子がかわいらしかったです。きな臭いストーリー展開の一方で、そこここでのかわいらしい展開が良い清涼剤になっていたと思います。1冊の中で綺麗にまとめられている一方で、クライマックスからオチにかけてはもう少し細かくいろいろ書いてくれる方が個人的には嬉しかったかなとも思いました。闇医者の老婆と、そこで働く孫娘のナースのキャラクターがかわいくて好きでしたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    彼女が望む、ささやかな幸せ…それは人らしい日常を紡ぐこと。産業スパイの江間宗史は、任務で訪れた研究施設で昔なじみの女子大生・真倉沙希未と再会。追懐も束の間、施設への破壊工作に巻き込まれ…瀕死の彼女を救ったのは、秘密裏に研究されていた未知の細胞。沙希未に宿った未知の細胞アルジャーノンは、傷が癒え身体を返すまでの期限付きで、宗史と同居生活を始める…。窓外の景色にテレビの映像…目に入るもの全てが新鮮で眩しくて。終わりを受け入れ、それでも人らしい日常を送る幸せを望んだ、とある生命の五日間。優しい素敵な物語でした! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    産業スパイの江間宗史が任務で訪れた研究施設で昔馴染の女子大生・真倉希沙美と再会したのも束の間、研究施設がの破壊工作に巻き込まれ、希沙美は大怪我を負ってしまい。そんな希沙美を救ったのは未知の細胞だったが、この細胞にはある秘密があって。 希沙美に宿った細胞と一体化した彼女をアルジャーノンと名付け、江間との奇妙な共同生活を通じてアルジャーノンに様々な感情が生まれる中で、アルジャーノンの身に起こる異変、謎の細胞を狙う組織とのスパイらしい情報戦。 切なくて儚いないけれど納得のラストでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

スニーカー文庫『砂の上の1DK』キミラノ試し読み

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK