冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。

やっと二人きりになれましたね?一つ屋根の下、人付き合いが苦手な男女の不器用で甘い恋の物語。
著者: 千羽十訊 (著者) / ミュシャ (イラストレーター)
シリーズ:「冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

交流は不必要、他者には常に不干渉。そんな人間嫌いの香良洲空也の隣の席に転校生がやって来る。
ファティマ・クレイ。容姿端麗だが、終始無言で無愛想。空也もいつも通りの無関心でよかったはず――彼女が"同じ家族"でなければ。
一緒に買い物へ出掛けたり、ごはんを作ったり。実は祖母の養子であった彼女となし崩し的に始まる半同棲生活。
でも、これ以上は踏み込めない。お互いの共通点が『人間嫌い』だと知っているから。けれど、「好きだ」という気持ちはもう抑えきれなくて――。
これは一つ屋根の下で芽生える恋の物語。

パートナーのおすすめレビュー

  • 両想い後もあの手この手で主人公の気を惹くヒロインが可愛い♪

    華恋
    華恋
    空也くんは、お祖母さんの養女ファティマちゃんと絶賛交際中♪ THEクールビューティーな彼女はクラスメイトに話しかけられても表情を変えずに塩対応しちゃうので、「氷のミステリアス」なんて、あだ名がついちゃったんです。

    そんなファティマちゃんも、空也くんの前では恋する乙女。彼に名前を呼ばれただけで、パニックになったこともあるくらいなんですよっ! 好きな人に名前を呼ばれただけで照れちゃうとは……ファティマちゃんはピュアですねぇ~♪

    空也くんとラブラブなファティマちゃんですが、努力は怠りませんっ。空也くん好みの女の子になるため、今日も早起き。鏡の前でぎりぎりまで空也くん好みの髪型を考えますよ~。時には空也くんの部屋でわざとギャルゲーをプレイして、女の子の好みをリサーチすることも♪ 毎日、空也くんのことばかり考えてしまうファティマちゃん。あの手この手で彼の気をひこうとする姿が、たまらなく可愛いんです!

    ファティマちゃんと空也くんが送る甘々な半同棲生活! 照れながらも、たっぷりイチャつくふたりは眼福ですよ♪
  • 相思相愛なふたりの幸せを願わずにはいられません!

    綾乃
    綾乃
    怪我を理由に剣道を引退することになった時の気持ちを、周りに理解してもらえなかった空也くん。ずっと日本に住んでいるのに日本人離れした顔立ちで判断されてきたファティマちゃん。そんなふたりには、「人付き合いが苦手」という共通点があるの。

    でも交際を始めてからのふたりはいつも幸せそうで、「毎日が楽しい」って思えるようになったんだよ!

    他人に対して似たような考えを持っている彼らだけど、恋人同士ならではの絶妙な距離感を保っているの。ある日、空也くんが自宅で考え事をしていたら、現れたファティマちゃんの恰好にびっくり! なぜか矢絣に無地の袴、エプロンという大正浪漫なメイド姿だったの! 「似合ってる」のひと言待ちのファティマちゃんに対して、空也くんもそう思ってるのになかなか素直に褒めないんだよ。気を許した相手だからできるやり取りにはクスっとしちゃった!

    他にも空也くんのお部屋にいる時に居心地が良くて安心したのか、ふたり揃って眠ってしまったりなんてエピソードも。無理に話さなくていいっていう関係は、ほっとするよね。

    一緒にいるだけで、毎日に彩りを感じるようになった相思相愛なふたりの幸せを願わずにはいられないよー!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 18
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    一人暮らしの祖母を案じて近くで一人暮らしをする高校生・香良洲空也。他者に無関心で常に不干渉な彼の隣の席に転校生ファティマがやってくる青春小説。容姿端麗だが、終始無言で無愛想なファティマ。実は祖母の養子になっていた彼女となし崩し的に始まる半同棲生活。自分が自然でいられる関係に、お互いにかけがえのない存在になってゆくのに時間は掛からなくて、けれど不器用な人間嫌い同士ゆえに踏み込めなくて、そんな二人だからこそもどかしさからすれ違いも起きましたけど、向き合って二人で乗り越えた結末にはぐっと来るものがありましたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★☆ う〜ん…これは評価が難しい作品でした。 タイトルからはよくある量産型なろうラブコメ物だと想像していましたが、実際は他人に踏み込まれる事を嫌うあまり相手に対しても踏み込めない不器用なカップルの様子を描くラブコメ作品でした。まず、ヒロインはシンプルに可愛らしくて良かったですね。学校では孤高の美少女、彼氏である主人公の前では砕けた様子になるヒロイン像が好みな事もあって好きなキャラクターでした。一方で、主人公の言動に関しては首を傾げてしまうような所も多く、特にその堅苦しい言動には高校生らしさを微塵も感→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    独特な性格を持つ主人公香良洲空也と、孤高を貫く転校生フィティマ・クレイが半同棲生活を送るお話。義理ではあるが『家族』であり『彼女』でもあるファティマとの回りくどい口調によるやりとりがメインとなる。時系列が順番に並んでいないため、いきなり付き合っていたり出会っていたりするのが読んでいて少々わかり辛かった印象。また人間嫌いが共通点であるが、ほとんど2人(と祖母の小縁)で話を回しているのでその辺も伝わり辛い。ただ、その辺を全部伏線としてまとめたクライマックスはお見事。この1点は素晴らしかったが、そこまでの道中は 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TERU

    『ファティマ・クレイ』容姿端麗だが、無口で無愛想。今回も俺は、いつも通りの無関心を決め込めばいいと思っていたーー彼女が家族でなければ。 
実は祖母の養子であった彼女となし崩し的に始まる半同棲生活。 
でも、これ以上は踏み込めない...だって俺たちは... これは中々難しい作品です。 内容的には面倒臭い性格同士の二人による恋愛劇なのですが、作中で描かれていないことが多くて、読者の考えで補完せざるおえないほど余白が多い作品です。(あえて良く言うと) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    一人暮らしの祖母を案じて一人暮らしする人間嫌いの少年が、祖母の養子である人間嫌いの少女に出会い始まる物語。―――同じだからこそ分かる躊躇いを超え、伝える為の一歩を。 似た者同士だからこそ分かる、踏み込んではいけない一線。その一線を前に戸惑いもどかしくすれ違い、それでも一歩踏み出す物語であり、似た者同士だからこそのもどかしさのある、少し切なくてノスタルジックな空気もあるかもしれない、一味違った物語である。一線を越え、勢いも合わせて結ばれた関係。同じペースで歩き出すその先とは。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/08/16
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815612566

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK