この△ラブコメは幸せになる義務がある。 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

この△ラブコメは幸せになる義務がある。 2

もっとも幸せな三角関係、麗良の猛アプローチで早くも波乱の展開に!?
著者: 榛名 千紘 (著者) / てつぶた (イラスト)
シリーズ:この△ラブコメは幸せになる義務がある。(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

☆電撃小説大賞《金賞》受賞作第2弾☆
☆ラノオンアワード新作総合部門受賞☆

「邪魔なんかじゃない。だって、私も麗良も、あなたのことが……」

 幼馴染同士の凛華と麗良。その二人ともから好意を向けられているとも知らず、仲を取り持とうとする天馬。
 そんな奇妙な三角関係が日常になっていた矢先、麗良が生徒会長選挙に出ることに。これは二人を近づけるチャンスだと、凛華を応援演説に推薦するが……。
「麗良の家、矢代と一緒にお邪魔するわ!」
「はぁん!?」
 やっぱりポンコツ美少女・凛華は天馬を巻き込んで……!? そこで天馬は麗良にも、とある『秘密』があることを知り……。
 ラノベ史上もっとも幸せなトライアングルラブコメ、早くも波乱の第2弾!


「……紳士協定、破っちゃったかもしれませんね」

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    生徒会長に立候補した麗良。彼女を想う凛華との仲を取り持とうとする天馬は麗良の推薦人に、凛華は応援演説担当となり…。今回も面白い!会長選挙にまつわるエピソードを中心に、麗良と天馬の関係に焦点を当てた第2巻。人が良くて聖女のように見える麗良も、やっぱり単なる年頃の少女であることが分かった今回で、そんな彼女のためにと素直な心情を吐露する天馬が格好良い。これは麗良も惚れ直してしまいますね。さて、そんな彼女が凛華に先んじて一歩を踏み出しましたが、このことが三人の関係にどう影響していくのか。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    凛華が密かに抱く麗良への恋心を成就させようと孤軍奮闘する天馬。2人の気持ちが天馬に傾いているとも知らない中、麗良が生徒会長選挙に立候補する今回の物語。 天馬の差し金で応援役に凛華にしたものの、麗良のことが好きすぎて、麗良のことになると頭がおかしくなる凛華の言葉の数々は笑っちゃいましたけど、選挙を巡って明らかになる麗良の悩み深刻なもので。そんな麗良に天馬が真摯に向き合った選挙を乗り越えてひと段落かと思いきや、驚きのラストが待っていて。3人の関係は一体どうなるのか、続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    第2巻、最も幸せな三角関係ラブコメ、早くも大波乱!幼馴染同士の凛華と麗良。その二人ともから好意を向けられているとも知らず、仲を取り持とうとする天馬。そんな奇妙な三角関係が日常になっていた矢先、麗良が生徒会長選挙に出ることに。これは二人を近づけるチャンスだと凛華を応援演説に推薦するが…。やっぱりポンコツ美少女・凛華は天馬を巻き込んで…!そこで天馬は麗良にも、とある『秘密』があることを知り…。麗良の心の叫び!凛華の想い!ラストの「…紳士協定、破っちゃったかもしれませんね」に驚き!今後の展開がとても楽しみです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    凛華と麗良の両方から好意を向けられているとも知らず、幼馴染二人の仲を取り持とうとする天馬。今度は麗良が生徒会長選挙に立候補する第二弾。これは二人を近づけるチャンスだと凛華を応援演説に推薦する天馬。しかしポンコツ美少女・凛華は当然のように天馬を巻き込む展開で、なぜか天馬を意識する対立候補・辰巳が指摘する現生徒会と麗良の問題、麗良家の訪問では住み込みメイドがいろいろヤバい感じで、二人のために奔走する天馬が導いてみせた今回の結末もまたぐっと来るものがありましたけど、まさかの急展開でどうなるのか気になりますね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★☆ 今巻もとても良かったです。 同性の少女に想いを寄せる孤高のクールヒロインと誰にでも人当たりが良い学校一の美少女ヒロイン、そこに毒にも薬にもならないような平凡な青年が加わる事で生じる不思議な関係図を描く今作。百合ップルに挟まれる男には大抵拒否感が生まれそうですが、今作に関してはヒロインが純粋な百合ップルでない事も相まってかそうした感情が全く生まれない所は非常に読みやすいなと。 肝心の内容に関してですが、今巻に関しては百合ップルに挟まれる男を描くラブコメ物というより、彼らの関係の変遷を含めた青→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/08/10
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784049144512

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK