見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん

身長差20センチ――だけど距離感0センチ
著者: 神田暁一郎 (著者) / たけの このよう。 (イラストレーター)
シリーズ:「見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「自分より身長の低い男子は無理」
低身長を理由に、好きだった女の子からフラれてしまった下野水希。
すっかり自信を失い、性格もひねくれてしまった水希だが、そんな彼になぜかかまってくる女子がいた。
高瀬菜央。誰にでも優しくて、クラスの人気者で――おまけに高身長。傍にいるだけで劣等感を感じる存在。
でも、大人びてる癖にぬいぐるみに名前つけたり、距離感考えずにくっついてきたりと妙にあどけない。
離れてほしいはずなのに。見上げる彼女の素顔はなんだかやけに近く感じて。
正反対な二人が織りなす青春ラブコメディ。身長差20センチ――だけど距離感0センチ。

パートナーのおすすめレビュー

  • 背の高い女の子、好き?

    綾乃
    綾乃
    中学生の下野くんは、身長の低さを理由に告白を断られてしまうの。しかもその一件を言いふらされて、仲の良かった友人達からも茶化されてしまったんだ。多感な時期だもん。それはもうショックだよね……。

    すっかりひねくれてしまった下野くんだったけど、同級生の高瀬さんがそんな彼を気にかけてくれるんだよ。ひとりでいる彼を見つけたら、横に来て話しかけてくれるような優しい女の子なんだー。

    だけど高瀬さんは中学生離れした高身長の持ち主。下野くんにとっては、隣を歩くだけでも他人の視線が気になってしまうの。だからちょっぴり不愛想な態度にもなっちゃうんだけど、意識してしまう理由は身長のせいだけじゃないのかも?

    ある日、下野くんが本棚の高いところにあるライトノベルに手を伸ばそうと苦戦していた時のこと。そこに現れた高瀬さんが「これ?」と本を取ってくれたんだけど、表紙はかわいい女の子のイラスト。下野くんはとっさに「ち、ちがうっ」と否定してしまうんだ。それが異性の前で格好つけたい男の子の反応で、もう思春期大爆発ってカンジなの!

    身長という身近なテーマに思春期特有の感情が入り交ざる、多くの人が共感できる等身大な青春ラブコメだね!
  • コンプレックスから始まる青春ラブコメ!

    華恋
    華恋
    王道の逆をいく身長差ラブコメは「身長あるある」、されど新鮮なシチュエーション盛りだくさんですよ!

    背の低さが悩みの下野くんにとって、身体測定は一大イベント。去年より身長が伸びた喜びを隠しきれない彼を見て、高瀬さんは心から祝福してくれますっ! でも、いくら下野くんのことを知りたいからって「なんセンチだった?」の質問はご法度なんです。「教えて」「言わない」のやり取りを繰り返す、仲良しなふたりにニヤニヤなんですよ~!

    また、掲示物を貼る仕事とかを頼まれがちな高瀬さんですが、その日は下野くんが手伝うことに。高いところにのぼって作業する下野くん。するといつもとは逆、見上げる立場だった女の子からの上目遣いはギャップ満載で……。大人っぽく思っていた高瀬さんの、年相応のあどけなさをあらためて意識させられちゃいます♪

    もし下野くんに身長のコンプレックスがなかったら、高瀬さんへの接し方も少し違ったのかもしれませんね。でもふたりの身長差が、おたがいの心の距離をグッと近づけるきっかけになったのもたしかですっ! 誰もが抱えるコンプレックスだけど、なにも悪いことばかりではないのかな~なんて、幸せな気分にさせてもらえました!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    低身長を理由に、かつて好きだった女の子からフラれた苦いトラウマを抱える下野水希。そんな彼と何かと気にかける身長差20センチのクラスの人気者・高瀬菜央が織りなす青春ラブコメ。身長152cmにすっかり自信を失い、性格もひねくれてしまった水希。周囲を遠ざけて孤立しがちな彼を気にかけ、何かと構って傍にいると劣等感を感じさせてしまう菜央。どこか苦手意識を感じる彼女の見た目とは違う子供っぽい一面や、人のために一生懸命なその優しさに気づいてゆく水希の心境の変化があって、不器用で奥手な二人のこれからがとても楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪中学2年の下野水希はちょっと低身長がコンプレックスの男子。逆に高身長のヒロイン高瀬菜央は何時も水希にちょっかいを掛けてくる?互いのコンプレックスに向き合うその想いと感情の起伏が瑞々しく描写され、かつて自分もそうだった頃に思いを馳せて♪凸凹コンビの作品は他にも在るが?このカップルは前述したコンプレックスの克服に前向きに立ち向かう姿勢を鮮明に描き、姉や親友との関係図も上手く絡ませ、例え些細な結果でもポジティブに成れると言う真実を教えてくれる(⌒‐⌒)ま、ラストはこれでいんじゃねと♪面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    身長という一目で分かるコンプレックスは辛い。第一印象の呪いからは強く、背が低く小柄な男というのは「頼りない」という印象付けられることは多いだろう。 自分を卑下する第三の自分を作って、何とか自尊心を補填する。そんな悲しきコンプレックス昇華のために、今作では健気に彼の良さを覚えている少女がメインとして出る。 そんなこと幻想だと、卑下することは簡単だ。だがテーマすらも直球に書く実直な文章がそんな幻想に力を与える。 足元ではなく相手をキチンと見ることの方が大事。とても教育的で善性溢れる話である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    好きな女の子から低身長を理由にフラれて以来、すっかりひねくれてしまった中学生下野水希。そんな彼をなぜかかまってくる高身長女子高瀬菜央。コンプレックスを抱える少年少女のラブコメディ。面白かったー!身体的なコンプレックスを取り扱いながらも、ひたすら可愛い高瀬の存在に癒され重すぎることなく、読みやすかったです。クレーンゲームのところが特に好き。その後のすれ違い、そして2人のコンプレックスと高瀬がなぜ下野にかまっていたのかがわかる終盤も素晴らしかったです。2人がこの先どうなっていくのか。続きも読みたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    前作と比べたら王道なラブコメと思ったけど、よく考えたら中学生や女の子の方が高い身長差などラノベには珍しい要素満載だった。青春ではなく思春期とのことで、上手く言葉にできない感情みたいなのが散りばめられているところに中学生らしさを感じられてよかった。このくらいの歳だと色んなことが恥ずかしくて、強がっちゃうのは当然のこと。下野くんも高瀬さんもそこで目を背けるんじゃなくて、ちゃんと向き合って謝れるのがえらいなと。保護者の目線で温かく見守ってしまう作品だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/09/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815616304

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK