ウォルテニア戦記 22
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ウォルテニア戦記 22

覇王・亮真、王都へ
著者: 保利亮太 (著) / bob (イラスト)
シリーズ:ウォルテニア戦記(HJ NOVELS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

覇王・亮真、王都へ

ルピス女王が立てこもる王都ピレウスを包囲した、御子柴亮真率いるウォルテニア軍。
王都を力攻めにしては亮真軍に大きな損害が出るが、長々と包囲戦をしては他国の勢力がルピス女王を助けにやって来るかもしれない。
そんななか、亮真のもとに一通の手紙が届く。意外な人物から送られた、情勢を一変させるその手紙の中身とは――?
若き覇王の躍進を描く大人気ファンタジー戦記、第22巻!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    ルピス女王が立てこもる王都ピレウスを包囲した御子柴亮真率いるウォルテニア軍。そんななか、亮真のもとに一通の手紙が届く第二十二弾。他国の助力は期待できないものの、ウォルテニア軍の数倍の兵力で籠城する王都をどう攻略するか。まあ超越した力があればそれを使いますよね…という展開でしたけど、エレナとの対決やあっという間に終わったミハイルとの決着を経ての攻略の結末はここまで長かったわりにはあっさりとした感じでしたけど、排除すべき相手は排除してできた新体制は、抜本的に変えていくことの難しさを考えれば妥当だと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    王都を女王軍の約半数以下の兵力で包囲したが、女王軍は籠城の構え。それに必死に対抗していたが、、女王の軍隊は敗戦続きで兵士達の指揮は下がり続け。そんな時に一部の騎士が反乱を起こす。同時に城壁に穴を開けて場内に雪崩込み王都を陥落。女王は逃げるも忍びに殺され。貴族も子爵は不正を指摘されて没落。全く新しい組織が出来上がって国は再建されるのか?? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Abercrombie

    相変わらず回りくどく面倒くさい文章と、テンポの悪い分かりづらい話運びに耐え、ようやくルピス女王との決着にたどりついた。これだけのことを語るのに20巻は長いよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/07/19
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784798628721

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK