永年雇用は可能でしょうか 無愛想無口な魔法使いと始める再就職ライフ 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

永年雇用は可能でしょうか 無愛想無口な魔法使いと始める再就職ライフ 1

新しい雇い主は(推定)300歳の偏屈オジサマ魔法使い!?
著者: yokuu (著者) / 烏羽雨 (イラスト)
シリーズ:永年雇用は可能でしょうか ~無愛想無口な魔法使いと始める再就職ライフ~(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

三年間住み込みで働いた屋敷を理不尽に追い出されたルシル。彼女は新しい就職先を求めてド田舎にやってきたが、そこで紹介されたのは、無口で無愛想な魔法使いフィリスの屋敷だった。
「余計なこと」を心底嫌う、気難しいフィリスの屋敷での仕事は、蓋を開けてみるとルシルにとっては好条件! 何としても新しい職場を死守するべく、彼女は「余計なこと」地雷を回避するためにフィリスの観察を始める。
そんなフィリスのことを少しずつ知っていくうちに、気難しいだけでない意外な一面に出会い、ルシルの気持ちは徐々に変化していき――。
フィリスとの距離が少しずつ縮まる一方、前の屋敷の主がなぜだか自分を捜し回っているらしいという噂を耳にするルシル。他にもフィリスの周囲では何やら魔法使いたちが騒ぎ始め……!?
平穏に暮らしたいのに何かと起こるトラブルを、仕事に対するプライドと持ち前の前向きさで乗り越えながらゆっくりとお互いの想いを育む、ほっこり異世界再就職ファンタジー。

パートナーのおすすめレビュー

  • 無口で気難しい魔法使いのおちゃめな一面にほっこりしちゃうの!

    ノエル
    ノエル
    家政婦として三年間働いた屋敷を理不尽に追い出されたルシル。彼女の次の雇い主は、無口で無愛想なおじさま魔法使いのフィリスなの!

    フィリスの屋敷では綺麗な部屋をもらって、一人でのびのび仕事ができて、お給金も十分! とっても良い職場なんだけど、「余計なことはするな」とくぎを刺すようなフィリスとうまくつきあうには、ちょっぴりコツがいるの。

    ある時、ルシルはフィリスの自室に入れてもらえなくて、身の回りのお世話ができずに困ってたの。そこで、『お洗濯物はこちら』と張り紙をしたかごを置いてみたらね、次の日なんと枕カバーが入ってたんだよ! 素直にその通りにしてくれるフィリスがかわいくて、ほっこりしちゃった!

    またある日、普段は自室にいるはずのフィリスがリビングのソファで寝ているのを、倒れていると勘違いしたルシルは大慌て! 急いで駆け寄ったら、目を覚ましたフィリスに睨まれちゃった……。でもね、別の日にまた同じような状態のフィリスの近くに、『睡眠中』のメモ書きが置いてあったの! おちゃめすぎて笑っちゃった!

    無愛想だけどかわいい一面もあるフィリスと心が通い合った瞬間は、とっても嬉しいの! もっと彼のことを知りたくなっちゃうね!
  • 気難しい魔法使いと家政婦の歳の差ラブストーリーです

    つむぎ
    つむぎ
    雇い主から粗末な扱いを受けてきたルシルさんですが、雇い主に快適に過ごしてもらうのが喜びだと家政婦業に誇りを持っていました。ですので新たな雇い主のフィリス先生がどんなに無愛想でもめげません。しかし、魔法の知識がないルシルさんは、先生のことが理解できずに困惑する日々が続いていたんです……。

    それでも、ルシルさんが前の雇い主に無理やり連れ戻されそうになった時には、フィリス先生が魔法で雷雲を呼び寄せ、森の動物たちを大量に引き連れながら助けにきてくれたんですよ! でも、そんな凄腕の魔法使いなら、家事炊事など魔法で一瞬に終わらせてしまいそうですよね?

    しかし先生はルシルさんの家政婦のお仕事を尊重し、「有能な君に辞められては困る」とまで言ってくれるんです。魔法が使えないことや、雇い主であることを理由に人を見下すことをしない先生の人柄に、ルシルさんが惹かれるのも納得ですね。

    フィリス先生の無愛想の裏に隠れた優しさを知ったルシルさんが照れたり、喜んだりしているのを見ると、年の差なんて関係ないと思えるんです。人間のルシルさんと、人間よりも長生きする魔法使いフィリス先生のほんわかラブストーリーに癒される一冊ですよ!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ツン

    普通の人間と比べると全く(ではないけど)歳をとらない魔法使いが、普通の人間を愛してしまったら辛くないですか?絶対に相手が先に死んでしまうのはわかっている。自分が相手の歳を追い越していってしまう人間の方と、どちらが辛いのかな。 ちょっとお話の本題とは外れるけど、そこが気になってしまい。。お話は面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラナンキュラス

    面白かったです。理不尽な理由で住み込みメイドの仕事を解雇されたヒロイン。別の土地に向かい新たな仕事を探していたところ、街の人々に「先生」と呼ばれる魔法使いの屋敷で働くことになったが。ヒロインが働き者でいい娘。こんな優秀な家政婦さん我が家にも来て欲しい(笑)。ヒーローは無愛想だけどヒロインにさりげない気遣いをしたり、彼女がピンチの時には数十年ぶりに皆の前で魔法を使うとかカッコいいことをしてくれるおじ様。だんだん二人が惹かれ合う様子が丁寧に描かれていた。想いが通じあう所で綺麗に終わっているけど続きがあるのね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ころころ

    十六歳の時から家政婦として働くヒロインは現在二十四歳。家の主人との不貞を夫人に疑われ解雇、次の働き口を探そうとやって来たのは元居た街から延びる線路の一番先にある小さな街。商工会で紹介されたのは「先生」と街の人から慕われる魔法使いの家だが、彼はかなり難しい人で…。 楽しかった〜、ニヤニヤが止まらない。ヒロインはものすごく有能な家政婦さん。でも程よく肩の力が抜けているので親しみやすい。その確かな仕事ぶりで先生の信頼を得て、更には雇い主と家政婦以上の気持ちをそれぞれの中に芽生えさせていく過程に悶えてしまった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ルシュエス

    濡れ衣で、悋気の強い雇用主の奥方から首を切られたメイドのルシルが、うるさいのを嫌う魔法使いの家政婦となる話。 終盤 良かった良かった と思う反面、百年足らずで死ぬルシルが、悠久に近い年月を生きる魔法使いを遺して、永い悲しみを彼に与えることになると思うと、けっこう非道いなぁとは思ってしまう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ころころ

    再読。11月に続きが出ると知り急に再読熱が高まってしまった。再読するとニゼア氏を追い払うために先生が魔法を使ったことが如何に重大な意味を持っていたかがよく分かる。世界樹が歌うシーンは美しく幻想的で私の心まで昂る。続刊が今から楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/06/24
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046814913

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK