魔導具師ダリヤはうつむかない 今日から自由な職人ライフ 8
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔導具師ダリヤはうつむかない 今日から自由な職人ライフ 8

スライム製品に補助魔導具――ダリヤの開発で騎士の背中を守る!
著者: 甘岸久弥 (著者) / (イラスト)
シリーズ:魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

遠征訓練へ同行するなど、魔物討伐部隊との関係を強固にしていく女性魔導具師のダリヤ。
彼女は魔物討伐部隊員から、ヴォルフのアンダーシャツに『背縫い』をしてやってほしいと頼まれる。『背縫い』とは、戦いに赴く者の無事を願い、その者の衣服の背に施す縫い取りのことだった。
彼らの頼みを引き受けたダリヤは、シャツへ縫い取りのみならず、スライムを使ったとある付与ができないかを試すのだが――。
「ロセッティの『商会紋』になりそうだ。このシャツも、防具に使えるかも……」
思わぬかたちで、ダリヤは『商会紋』とともに新たな開発品を生みだしてしまう。さらに各界の重鎮をも巻き込み行われた新製品の実験の場で、魔物討伐部隊を引退した侯爵家元当主の義足の不調に遭遇したダリヤは、その改良を試みることにもなり――!?
魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、挑戦と前進の第八弾、開幕!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    番外編の話は、、そうかダリアの母親はそういうワケで家族から離れてしまったのか。しかももう亡くなっている。そして、メイドさんは父親と子育てをしてくれてしかも先輩になってるのが良かった。早く亡くなってしまったのが悔やまれる。それと、双子の誕生を待ち望む人が増えたのも嬉しい。しかもそれが魔物討伐隊のOBだったのが、、その人の義足を魔道具にして現役復帰しそうなのが楽しい。あと、衝撃吸収パットとリラックス用のクッションが、、堕落卓とセットにして堕落シリーズとか言われてたら面白そう。スライムがさらに狩られるのか、、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • すがはら

    ダリアも初期の頃は、自分がヴォルフに対して恋愛感情を持ったりしたら、女性からのそういった視線に嫌気の差しているヴォルフに失望されるのではないかなんて思ったりしてたよね。何かあの頃の方が余程脈アリだったような気がします。既に身内の扱いで、空気になってるのでしょうか。ダリアのお母さん、何でそんな設定になったのか。気の毒すぎるよ。お産で亡くなった方が良かった位の話に思えます。ダリアの母へのわだかまりは解消される日が来るのでしょうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりもん

    マルチェラの祖父は貴族で魔物討伐部隊の元副隊長で侯爵と最強カードじゃん。庶民暮らしでいたいマルチェラの希望もあり祖父を名乗り出てはいないけど縁を駆使して近づいて魔法のアドバイスしてるとロゼッティは義足にまで手を出してビックリした。もう医療部門もアリなんだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささきち

    最近の作品だとスライムが主人公だったり相棒になったりと人気種族なわけですが、この作品以上にスライムを使いそして恨まれる理由がある作品はないよね?wそんで今回も新しい素材というか商品ができ人をダメにするソファの元となる怠惰の砂の完成!一部の人は苦手らしいけどほとんどの人が欲しくなる素敵な怠惰商品!他にもクッション性の高い素材から色んな防具や敷物になったりまだ完成してないが赤ちゃんや病人に良いのでは?な物まで今まで無事だったカラースライムを生贄に色んな商品が生まれましたとさwそれ以外にもダリヤがヴォルフの 続きを読む…

    ネタバレあり
  • dorimusi

    8巻。ベルニージ登場。義足の話しはいい話だけど、今までなんで誰も作らなかったんだろうとは思った。こたつとは違うと思うので。 各種スライム付与実験と検証も、今まで誰もスライムに目をつけなかったのかな。防水布あたりでほかの人もいろいろ試しそうだけど。まぁ出来上がったものをどういう商品にするかがキモなんだろうけど。 て、細かいところはあるものの楽しめた。特に番外編でついに母親の事情が……。母親の実家もどこかでからんでくるかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/06/24
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046811769

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK