衛くんと愛が重たい少女たち
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

衛くんと愛が重たい少女たち

小動物系男子・衛くんは、愛が重たすぎる少女たちに包囲されている!元アイドルの従姉・京子、彼氏がいるのに迫ってくる瑞希、衛くんに女装させる姉・凛。恋のバトルロイヤルの真ん中で、もう、もみくちゃ!
著者: 鶴城東 (著) / あまな (イラスト)
シリーズ:衛くんと愛が重たい少女たち(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

登場する女子、全員、愛が重たすぎ!

小さくて、細くて、色が白くて、気が弱くて…本当はもっと男っぽくなりたい僕・森崎衛。日曜の朝は必ず、姉の凛に女装させられて写真を撮られて「可愛い。愛してる」とか言われてSNSに投稿させられる。つらい。僕が想いを伝えられないうちに彼氏を作ってしまった幼馴染の瑞希。なのになぜか思わせぶりな目つきで僕に身体を寄せてくる。つらい。そんな僕の前に、従妹の京子がアイドルの仕事を突然やめて東京から帰ってきた。「つきあおう」って…何言い出すの??何のつもり??

人生がつらすぎる衛くんは、愛が重たすぎる少女たちに包囲されている!そして、その包囲網はものすごい速さで狭くなりつつある!!これは、愛が重たい少女たちによる仁義なき恋の戦いの物語。


【編集担当からのおすすめ情報】
小学館ライトノベル大賞「ガガガ賞」「審査員特別賞」ダブル受賞でデビューした鶴城東氏の、新シリーズが開幕です!
登場するのは、愛が重たすぎる少女たち。青春という美名でコーティングされた甘酸っぱい恋、恋愛でこそ人は成長するのだ、なんて言っている場合ではありません!愛が重たすぎる少女たちがくり広げる恋のバトルロイヤルにもみくちゃにされてください。これこそが至福の恋愛体験なのです!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 星野流人

    タイトルの通り、重たい愛情を向けてくる少女たちの物語でした。ラブコメというよりもシリアス寄りの作品で、愛の重たさが主人公である衛くんの負担になってる感じ。少女たちの愛が自分本位になっているものが多くて、ちょっと読んでいてしんどさを感じてしまったかも。衛への復讐を誓う京子の真意が結局どちらに傾くことになるかは分かりませんが、少なくともこの巻では瑞希との決着に活躍してくれたので良かったです。愛の重たさというよりも、そこここに描かれる悪意の強さが印象的な作品でした 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    女装することを強要してくる姉の凛、彼氏がいるのに思わせぶりな態度を取る幼馴染の瑞希、 ある目的の為に交際を取り付けた従姉の涼子。そんな一癖も二癖もある女性陣と男らしくなりたいと願う森崎衛の青春ラブコメ。 衛が涼子と付き合うことになったことで見えてくる瑞希の愛の形は歪んでいるくらい重くて。そんな瑞希の愛の形を涼子が本来の目的を忘れて論破する展開はスカッとしましたけど、共通の目的を抱える人物と手を組んだ瑞希と、未だに目的が見えてこない凛の逆襲があるのか続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    姉の凛に女装させられて写真を撮られて、本当はもっと男っぽくなりたい高校生・森崎衛。好きな幼馴染は彼氏を作って人生が辛すぎる衛と、愛が重たい少女たちによる仁義なき恋の戦いの物語。思わせぶりな幼馴染の瑞希の行動に絶望した衛を励まして、なぜか付き合うことになった元アイドルの従妹・京子の思惑。歪んだ愛で衛を絡め取ろうとする少女たちに囲まれ、彼を独占しようとするその仁義なき戦いは壮絶過ぎてドン引きで、今回は復讐すると言いつつ衛が大好き過ぎる京子の奮闘っぷりがなかなか良かったですけど、諦めが悪そうな二人の逆襲に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★ 作者の前作で登場したヤンデレヒロインがめちゃくちゃ好みだったので発売前からとても期待していた作品でした。 読了後の率直な気持ちとしては、「面白かったけどなんか期待してた方向性と違った」という感じでしたね。 物語に登場するヒロイン達は愛が「重たい」というより「ヤバい」という領域で、日常では高圧的な態度で接し彼の行動を全て管理しようと考えながらも女装させた彼に対してだけは蕩けるような愛の言葉を囁く実の姉。長年自身に恋心を抱く主人公の気持ちを察しながら、彼の苦しみを堪能する為だけに正反対な彼氏を作→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    愛が偏向してるわ。マジでメンヘラってやつや。 姉も瑞希も衛を通して自分の理想像を愛している。女装させて嫉妬させて、自分の思い通りになる人形遊びを繰り返してる。こんなんダークファンタジーの女中ボスぐらいの思考だぞ。ヤバいわ。 一応主役である京子だけは重いだけの愛を捧げてる女だが、コイツも派手過ぎる聞き込みで衛を依存させつつ、敵を弱みで煽らせて醜態を引き出す生々しすぎる戦闘法。 ぶっちゃけ桂花が恨んでるのも想像できるし、全員クソやばい。マトモなのは友達の征矢だけ。今作ならBLに走ってもいい気がします。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 愛が重いヒロインはお好きですか?【激推しラノベまとめ賞】
    よっちが作成したまとめ愛が重いヒロインはお好きですか?【激推しラノベまとめ賞】で紹介されています。
    7

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/07/20
  • 定価
    759円(本体690円+税)
  • ISBN
    9784094530834

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK