わたしはあなたの涙になりたい
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

わたしはあなたの涙になりたい

全身が塩に変わって崩れていく奇病「塩化病」。その病で母親を亡くした少年は、ひとりの少女と出会う。美しく天才的なピアノ奏者である彼女の名は揺月。彼にとって生涯忘れえぬただひとりの女性となる人だったーー。
著者: 四季大雅 (著) / 柳すえ (イラスト)
シリーズ:わたしはあなたの涙になりたい(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

これは、涙で始まり、涙で終わる物語。

全身が塩に変わって崩れていく奇病「塩化病」。その病で母親を亡くした少年・三枝八雲は、小学校の音楽室でひとりの少女と出会った。




美しく天才的なピアノ奏者であるその少女の名は、五十嵐揺月。鍵盤に触れる繊細なその指でいじめっ子の鼻を掴みひねり上げ、母親の過剰な期待に応えるべく人知れず努力する。さまざまな揺月の姿を誰よりも近いところから見ていた八雲は、我知らず彼女に心惹かれていく。




小学校を卒業し、ますます美しく魅力的に成長した揺月は、人々の崇拝と恋慕の対象となっていった。高校に進学する頃、すでにプロのピアニストとして活躍していた揺月はイタリアへと留学してしまう。世界を舞台にする揺月と、何者でもない自分との間にある圧倒的な差を痛感した八雲は、やがて小説を書き始める。




揺月との再会はある日唐突に訪れた――その再会が、自分の運命を大きく変えるものになることをその時の彼は知る由もなかった。




これは、涙で始まり、涙で終わる物語。




第16回小学館ライトノベル大賞にて、最高賞である大賞を受賞。

ゲスト審査員を務めたアニメ監督・磯光雄氏は、「審査なんかとんでもない。美しい物語をありがとう」と、本作へ最大級の賛辞を送った。


みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    第16回小学館ライトノベル大賞大賞受賞作。安定した格調ある文章なので、ライトノベルというより文芸書を読んでいるような感触。お話としては決して目新しいものでないのだが、比喩が的確で美しく作品全体のイメージが綺麗。架空の病気の「塩化病」、音楽、東日本大震災などの要素の盛り込みようも適切で、作品世界にリアリティーと奥行きを感じる。特にヒロイン・五十嵐揺月の描写が素晴らしい。美人で才能ある女の子を好きになると、眩しくて気後れしてしまう感じが良く書けていた。後半は場面場面の演出が見事で、エモーショナルに盛り上がる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナギ

    今年読んだ中で一番の作品でした。後半は押し寄せる怒涛の展開に涙が止まらず、何度も中断して読みました(涙で文字が見えなくなるので)揺月と八雲が必死に掴もうとした幸せはすぐ手の届くところにあるのに遠くて……実話かと思うような描写もあり、リアルを感じられました。定期的に読む事になりそうな作品です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    気がつけば、何度も何度も泣かされていました。とんでもない作品です。八雲と揺月の恋物語であると同時、大切なものを失った人が前に進むための物語でもありました。物語のあちこちに人を想う優しさが満ちていて、ちょっと凄すぎて圧倒されてしまいました。 個人的には、みんなから愛されている清水が、八雲のことを気に入っている理由が大好きです。そしてその清水の言葉で八雲もまた救われているのが最高でした。 八雲の父親が揺月と対面するシーンや、揺月が両親に怒るシーンも、どれもこれもが胸に迫る場面で……泣きながら読みました 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    悲しいけど素敵な話だった。第16回小学館ライトノベル大賞受賞作。ラノベレーベル(ガガガ文庫)で出版されたので毛嫌いして読まない人がいそうで勿体ないとも思ったり。塩化病という身体の末端から塩化ナトリウムに置き換わってしまう奇病のある世界。この病気で母を亡くした八雲は天才ピアニスト揺月と出会う。この2人の恋物語であるのだが、二人は心惹かれあい、運命ともいえる経験を何度も繰り返す。揺月の生き方・考え方が素晴らしく、最期の最後に涙した。本当に素晴らしい物語だった。電子で読み始めたけど実本も買ってしまった。~続く~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    これは、涙で始まり、涙で終わる物語。全身が塩に変わって崩れていく塩化病。その病で母親が亡くした少年・三枝八雲は、ひとりの少女と出会う。天才的なピアノ奏者である少女・五十嵐揺月。彼女のピアノに対する真摯さと、奔放さに、八雲は我知らず心惹かれていく。高校へと進学し、美しく成長した揺月はイタリアへ留学。彼女と自分との間にある圧倒的な差を痛感した八雲は、やがて小説を書き始める。突然訪れた揺月との再会、それが自分の運命を大きく変えることに…。そこからの展開と結末には、心を震え、涙しました。とても素敵な物語でした…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/07/20
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784094530810

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK