風の大陸 第11部 月神殿
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

風の大陸 第11部 月神殿

ティーエの魂の彷徨が始まる。超人気大河ロマン、いよいよ第11部!
著者: 竹河聖 (著者) / いのまたむつみ (イラスト)
シリーズ:風の大陸(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「闇を知らない都市」と世に謳われる華やかな都アステ・カイデにも、ヒタヒタと衰亡の足音が近づいていることをティーエは感じていた。権力の乱れ、邪教崇拝、天変地異。それを象徴するかのように夜空に凶々しく輝くエネリオンの星…。だが、この虚栄の都でティーエは清らかな少女レイトリンと劇的な出会いを果たす。輝くばかりの美貌と高潔な魂を持つレイトリンは、月神殿の巫女王であった。レイトリンの魂にティーエは自分と近いものを感じ、急速にひかれてゆくのだが…。超人気大河ロマン、いよいよ第11部、ティーエの魂の彷徨が始まる。

みんなのデータ

  • 1
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • エンブレムT

    作者があとがきで、太陽帝国編の中心テーマをアツク語っておりますが、私の心には全く届きません!この物語、私の中では「自分の魅力に無頓着な天然朴念仁集団(爆)の、はた迷惑な旅行記」として楽しんでおります♪この巻では新たに、第一侯×第六侯、ラクシ×第六侯、ティーエ×巫女姫、キリ×マンレイド、そしてまさかのグラウル×第六侯フラグが!・・・中心テーマは、《第六侯の本命は一体誰だ?》ですかねー。ええ。大陸が滅亡しようが救われようが、知ったこっちゃない!!です(爆) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 文庫フリーク@灯れ松明の火

    表紙見返しのあらすじは読まないようしてきたが、いのまたさんのカラーイラストも、見るとミスリードの原因になると確信する。前巻からジッダに焦点を当てた読み方にして正解だったかも。ラクシは乙女化進行中。ティーエも微妙。う〜む。前振りが長い。確かにじれてきた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 朱音

    又新たな美少女登場だぜ!と美形に食傷気味な贅沢者なわけですが(笑)怪しい宗教団体の怪しさに期待、とジッダくんの健気さと成長が楽しみ、というところでしょうか。悪役が小物っぽいのはどうも… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • p.p.

    カリスウェンとランタイド、ティーエとカリスウェン。別の意味で面白い展開に……。ラクシもティーエも「恋の季節なの~」ですか?ティーエとボイスの息の合い方が、長年連れ添った熟年夫婦みたい。キリかわいいなあ。カリスウェンの目的はヴァユラの地位向上だけなのか……? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 大之介

    グラウルのおじさんは、真面目な人?ティーエとレイトリンの関係が進展?で、次巻へ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK