ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 9

級友との再会。もたらすはともに歩く未来か、復讐者の蹂躙か。
著者: 篠崎芳 (著者) / KWKM (イラスト)
シリーズ:「ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

級友との再会。もたらすはともに歩く未来か、復讐者の蹂躙か。

「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、第六騎兵隊を打倒した三森灯河。
窮地を脱した最果ての国はミラ帝国と同盟を結ぶことになり、代表としてムニンと灯河たちが帝国へ赴くことに。
だがそこへ、狂美帝を亡き者にせんとする抹殺部隊が女神ヴィシスにより送り込まれた。
それは、はるか昔に帝国を追われた追放帝ゼーラと、かつて灯河を見捨てたクラスメイトのひとり小山田翔吾。
袂を分かった級友。
その再会を皮切りとし、蠅王の蹂躙が――開始される。
「よお、小山田。ずいぶん、やってくれたらしいな」
かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚第9幕。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    第六騎兵隊を打倒し、窮地を脱した最果ての国はミラ帝国と同盟を結ぶ流れとなり、帝国へと赴くことになるのだが...な第九巻。大分と女神を討とうとしてる流れが活発化してきたけども、ただ指を咥えてるだけもなくヴィシスも次なる一手を出してくるな。まあ付け焼き刃的な感じやから崩壊しそうな雰囲気が漂いまくりw安が一気に印象変わり過ぎだろwまあこのままいい方向に進んでくれたらいいが。前巻で女神を裏切り大魔帝についたキリハラだったけどあっさり裏切りしかも乗っ取り侵攻を開始するってもうどうなっていくのかようわからんわw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ロック

    今回は女神側を裏切ったミラ帝国が最果ての国と協力関係を結ぶ話でしたが、女神がいるアライオンが黙っているはずもなく…。という事で戦闘に参加することになった主人公のトーカたち。そして、もはや小物と化したクラスメイトのアイツが復活!というクズ度増量で登場しました。コイツだけは最後まで好きになれなかったのでトーカ無双による退場にはスカッとしましたね。物語も終わりに向かい、鍵を握るキャラも大分固まってきたと思います。彼らがどう動くのか、またミラでも女神に対抗出来る何かがあるらしく、それが何なのかは10巻に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • え~、あいつがラスボスになるの? あいつはギャグ枠にしか思えないんだが……。まぁ冷静に考えれば構成的にラスボスは女神ヴィシスなんだろうけど、まさかラストであんなことになるとは…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゅるふ

    惜しい魔をなくしてしまった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • takave

    安くんがまともになってしまうのは、いいことだけど物寂しいものを感じる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK