最弱な僕は〈壁抜けバグ〉で成り上がる~壁をすり抜けたら、初回クリア報酬を無限回収できました!~
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

最弱な僕は〈壁抜けバグ〉で成り上がる~壁をすり抜けたら、初回クリア報酬を無限回収できました!~

〈壁抜けバグ〉を使ってダンジョンをソロ攻略!? 1600万PV突破の小説家になろう 発 人気ファンタジーが登場!
著者: 北川ニキタ (著) / 笹目めと (イラスト)
シリーズ:最弱な僕は壁抜けバグで成り上がる(Kラノベブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

冒険者としてお金を稼がなくてはいけない少年、アンリ。
しかし、〈回避〉というハズレスキルしか持っておらず、
貧弱すぎるステータスのため蔑まれていたアンリは、ついにパーティーを首になってしまう。

絶望の中、それでも稼ぐためソロでダンジョンに挑戦するが、
モンスターに襲われる中で、
ある条件のもとで発生する回避スキルに隠された秘密
――壁をすり抜けることができるということに気がつく。

〈回避〉スキルを使い一度しか獲得できない初回報酬を何度も手に入れ、アンリの成り上がりが始まる――!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • hiruhan

    紙で読む。タイトルで購入を決定した。期待していなかったせいなのか、なかなか楽しめた。昔遊んでいたダンジョンRPG(ウィザードリィみたいなやつね)を思い出した。ダンジョン内に、秘密の扉を開けると存在する店があり、そこでは高額のお金を支払うことによって、ステータスを1上げる薬が買える。物語の進行なんてそっちのけでお金を稼ぐ貯めに狩まくった。そういう感じで進み、最後は「ザマァ」をする。この手の、ゲーム世界の生活みたいな内容にはしょうがないのだけど、ステータスの記述や123ページのような記述があると本の値段が高い 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK