冤罪執行遊戯ユルキル 上
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

冤罪執行遊戯ユルキル 上

冤罪脱出ADV&弾幕STG『冤罪執行遊戯ユルキル』を完全ノベライズ!
著者: 武野光 (著) / 清原紘 (画) / イザナギゲームズ (監修)
シリーズ:冤罪執行遊戯ユルキル

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

監獄で目覚めた春秋千石。
狐の仮面を被ったびん子と名乗る女が言う。
「犯罪者のあなたにチャンスをあげましょう。
これからとある遊園地の様々なアトラクションに挑み、勝利すれば無罪放免です」
「違う、俺は冤罪なんだ!」
さらに現れたのは、被害者の莇リナだった。
舞台は、無人の遊園地『ユルキルランド』。
そこには千石の他にも、4組の犯罪者と被害者がいた。
犯罪者を『囚人』、被害者を『執行人』と呼び、
ペアを組んでアトラクションに臨む。
囚人は無罪を勝ち取りたい。
執行人は勝てば望んだものが手に入る。
恨みを晴らすこともできる――。
アトラクションに挑むなかで明かされていく、それぞれの秘密。
残酷で狡猾なこのユルキルランドで勝ち残るのは、誰か。
赦スor殺ス 狂気のエンターテインメント、開幕!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • そら

    冤罪で刑務所に入れられた主人公とその事件の被害者家族がコンビを組んで、同じようなコンビらと競って脱出ゲームの優勝を狙っていくお話です。内容はかなりいやんな気持ちになりますが、続きが気になってしまいます。他にも読みかけがあるけれど、下巻をすぐ読みたいです(∩´∀`∩)。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/05/30
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784047370128

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK