一日百回(くらい)目が合う後輩女子マネージャーが想っていること 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

一日百回(くらい)目が合う後輩女子マネージャーが想っていること 1

男子部員の中で、俺だけなんだか特別扱いされてませんか……!?
著者: 恵比須清司 (著者) / みこフライ (イラスト)
シリーズ:一日百回(くらい)目が合う後輩女子マネージャーが想っていること(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

男子バスケ部に所属する高校生・如月直輝の最近の悩みは、
美少女すぎる後輩女子マネージャーからの意味深な視線。

「ま、マネージャーとしての務めですから!」
と言いつつ、なぜか居残り個人練習に付き合ってくれたり、
風邪をひいたらお見舞いに来てくれたり、やたら特別扱いされてるような――。

「先輩、ストレッチお手伝いしますよ」
って、む、胸が当たってますけど!?

「今度のお休み、みんなには内緒で備品の買い出しに付き合ってくれませんか?」
わ、わざわざ二人きりで!?

「(うぅ……素直にデートに誘えたらいいんですが……)」

健気な彼女の内心丸わかり、イチャデレ青春部活ラブコメ!!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    最近、美少女後輩女子マネ姫咲真耶から意味深な視線を頻繁に感じる男子バスケ部の如月直輝。内心丸わかりで健気な彼女とバスケバカな先輩のイチャデレ青春部活ラブコメ。身長が低く万年補欠だけどバスケが大好きな直輝。そんな彼の個人練習に付き合ってくれたり、いろいろ特別扱いしてくる真耶の行動が気になりつつも確信が持てない直輝とのもどかしい関係。彼女の妹の応援があったり、直輝の幼馴染の存在も気になる中で、二人の始まりのエピソードもなかなか良かったですけど、肝心なところで決定力不足な二人はこれからも苦労しそうですね(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    背が低いという、バスケには不利な条件ながら毎日居残り練習をして頑張る如月直輝を大好きなマネージャーの後輩姫咲真耶が、必死にアプローチしようとしてヘタれるお話。一応主人公は直輝なのだが、物語の3割くらいは真耶目線で進むのが特徴。直輝も鈍感キャラに入るが、真耶のヘタレ具合も大概で、直輝とはマネージャーという立場を通じてしか話せない上に、恋愛相談が小学生の妹という。しかもアドバイスが適切なのにヘタれて実行できないけど妄想だけは大爆発というのは定番ながら楽しい。ただ、もうちょっと話を広げても良かったかもしれない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    背が低いと言うハンデを補うべく奮闘するバスケ部の少年と、彼に懸想する後輩マネージャーの少女の恋物語。―――咲く花恋色、熱き風に乗せて届け。 読者からすると丸わかり、当人たちからすると空回りでもどかしい。そんないじらしい甘さが部活の熱さの中で繰り広げられる物語であり、付き合ってはいないけれどいちゃついている、心に砂糖を拭きつけてくる物語である。熱さもあるラブコメが好きな読者様は是非。果たして深まっているように見えてまだまだ遠い、あと一歩が詰め切れぬこのラブコメは何処へ向かうのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    やたらと目が合うのには理由がある。ひたむきな努力はお天道さんと誰かが見ているということかな。バスケ部としての活動をメインに据えているので、部活動を頑張ってきた人には共感しやすいかも。低身長のハンデを乗り越えるために努力する少年と、それを支えるマネージャーのラブコメ。恋は人をアホにする。好きな人を前にすると緊張しすぎて空回る、ポンコツ可愛い王道な後輩の良さがあった。後輩(過去の姿)もかなり好みだったので、回想や妹の策略で登場してくれたら嬉しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凜音

    読了 低い身長の所為でバスケ部のレギュラーになれない主人公の直輝と後輩マネージャーの姫咲が直輝の居残り練習に押し掛けながら始まったラブコメ。 好きを伝えようとしても上手くいかずポンコツしてる姫咲がとても可愛かったです。 ラブコメでは珍しくヒロイン目線が多かったです。 最初は、居残り練習を続ける先輩に思いを向けてるくらいのつもりで読んでたのですが進む内に過去の話がきりだされてどんどんふたりの関係を応援したくなりました。 幼馴染2人もなかなかに強烈なキャラで千尋の直輝ラブも応援したい… 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK