俺にはこの暗がりが心地よかった 絶望から始まる異世界生活、神の気まぐれで強制配信中 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

俺にはこの暗がりが心地よかった 絶望から始まる異世界生活、神の気まぐれで強制配信中 3

超人気シリーズ「俺にはこの暗がりが心地よかった」に、待望の第3巻が登場!!
ナナミに奇跡が!? そしてついに新ヒロイン・ジャンヌがヒカルの前に現れて――!?
書き下ろしも収録して贈る、ファン必読の第3弾!!
著者: 星崎崑 (著者) / Niθ (イラストレーター)
シリーズ:「俺にはこの暗がりが心地よかった」シリーズ(GAノベル)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

超人気シリーズ「俺にはこの暗がりが心地よかった」に、待望の第3巻が登場!!
ナナミに奇跡が!? そしてついに新ヒロイン・ジャンヌがヒカルの前に現れて――!?
書き下ろしも収録して贈る、ファン必読の第3弾!!


「……自由、か」

リフレイアとともに魔王討伐に成功したヒカル。

だが、神の定めたルールに反してリフレイアの命の危機を救ったことで、『ナナミの蘇生』を叶えることはできなかった。

異世界で唯一の目的を失い、虚無感に浸るヒカル。
故郷に帰るリフレイアを見送り、目的なく街を流離う彼の元に、一人の少女が現れた。

「黒髪の少年……。お前がヒカルだな?」

腰に幅広の剣を差し、
背に巨大な盾を背負った全身鎧姿の少女の名は――ジャンヌ・コレット。
その名前に、ヒカルは心当たりがあった。

「……俺を、殺すのか?」
「だとしたらどうする? 戦ってみるか? この私と」

ただならぬ空気に包まれながら剣を抜くジャンヌ、そしてヒカル。
いっぽう、ひょんなことからナナミは復活を果たすことになり!?

大人気配信系ファンタジー大作、光と闇が交錯し新たな展開が幕を開ける第3弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • わたー

    ★★★★★視聴率レース1回目が波乱のうちに終わり、やっと一息ついたところで、そんな弛緩した考えなど赦さないとばかりに神による悪辣なギフトが贈られることから始まる第3巻。薄々察していたが、地球にいたころから生活環境サイアクだったんだなと伺える両親の毒親っぷりが、ヒカルへの同情をより誘う。そんな彼の前に現れたのは、視聴率レースで1位を取った脳筋勇者のジャンヌ。人気があるのも頷けるほど快活で魅力に溢れた少女との交流でヒカルの生活はどうなってしまうのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    視聴率レースも終わり、ナナミを蘇生させる事が叶わなかったヒカルは虚無感に浸っていた。そんな折に追い打ちをかけるがごとく神による悪辣なプレゼントが届き、更にはジャンヌが襲来してくる第三巻。ヤバい親やとは分かってたけどヤバすぎるやろ、ナナミ家の方も問題あったし二人とも辛すぎるやんこんなん。ジャンヌはジャンヌで可愛すぎやろ、惜しいのはジャンヌ視点がない事だわ。リフレイアも速攻でもう帰ってきたし、第二陣が来るし、果たしてどうなっていくのか次巻も楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささきち

    なんて…なんて平和な巻なんや、ただ生きるだけで精神が病んだり死にそうになったりその死にかけることを自分から進んでやったり天使のようなサキュバスに迫られたりとドキドキはらはらな話しかなかったのに今回はどうですか?リフレイアが実家に帰ったら次は正義感の強いゴリラ事ジャンヌが襲いかかってきてどうなる!?と思ったらまさかの両者即落ちとか誰が予想できただろうか!ヒカルは手に入れられなかった蘇生の宝珠を無償で渡されて念願のナナミの蘇生をしてジャンヌの胸を借りて泣き崩れ、ジャンヌはそんなヒカルを見て母性本能か 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いくら丼

    今回は迷宮攻略はほどほどに、主にセリカの視点を中心に地球サイドのストーリーが明らかにされる。とても好き。ヒカルにはたくさんの悪意が向けられたし、それで深く傷ついた。人間の業の深さがあって、どうしようもない無責任な他人の群像に怒りを懐いたりもする。一方で、悪意の対象になるヒカルを自然と応援し始めて、リフレイアや妹たちが闇を照らす光となって輝いていく。でも悪意すら、善意だった。本当は善意だったのにこんな結果になったのは絶望でもあるが、希望でもある。善意の強さに、ヒカルが愛されているという事実に、希望を懐く。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナナミが地雷すぎてヤバい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/06/15
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784815615796

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK