七聖剣と魔剣の姫 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七聖剣と魔剣の姫 2

「マガポケ」にてコミカライズ好評連載中! 新たな魔剣使いの影がサクヤたちに迫り――!?
著者: 御子柴奈々 (著) / ファルまろ (イラスト)
シリーズ:七聖剣と魔剣の姫(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

七本の聖剣・魔剣・妖刀。
原初の刀剣と呼ばれるそれらによって起きる天災を止めるため、千年後の世界に転移した最強の剣士サクヤ。
彼は、魔剣・死の白剣をその身に宿すフレイディル王国の王女アイリスと協力関係を結び、原初の刀剣の収集を進めていく。
そんな中、彼らが通う魔法騎士学院は、学院同士が競い合う魔法騎士競技大会の話題で持ちきりだった。
最優秀選手には、特別な力を秘めた聖遺物のひとつである聖十字架のレプリカが授与されるらしい。
アイリスの魔力的負担を減らすため、それを入手しようとするサクヤたち。
一方、その裏では、新たな魔剣使いの影が蠢き……!? 
コミカライズも大好評! 三種の刀剣を巡る王道学園ファンタジー第二弾!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • かっぱ

    学院同士が競う魔法騎士競技大会が描かれるシリーズ2弾。最優秀選手には聖遺物のひとつである聖十字架のレプリカが贈呈されるという背景からサクヤたちも入手に乗り出す展開。魔物の襲撃から負傷した部長の代わりに5対5の一騎打ち「ナイトゲーム」に参戦することになる物語は安定した王道のそれで熱い展開に仕上がっているしその圧倒した試合運びも含めて爽快感がある。また、「死ぬなんてダメ」という台詞が印象に残っている。天災が迫り来るこんな世界で強欲にもその言葉を吐いて約束させるアイリスの在り方には胸に込み上げるものがあった 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    学院同士がぶつかる魔法騎士競技大会で手に入る聖遺物のレプリカの入手を目指す中、新たな魔剣使いがアイリスを狙い迫る今巻。―――災禍を超えた未来、そこに望むは一縷の希望。 競技大会で強敵を圧倒的な力で叩き潰し、体は温まったと言わんばかりに魔剣使いとの戦いに臨む。サクヤの相変わらずの活躍の中、アイリスとの絆が深まり未来を少しだけ考える今巻。様々な形での戦いが目白押しな中、騎士団も内部に謎の人物を見せながら本格的に動き出す、本当の意味での始まりとなる巻である。果たして戦いの先の未来とは。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • そらら

    2巻目。学院同士の対決の魔法騎士競技大会が開催される。その最優秀選手に選ばれると、魔力が増強できる聖遺物のレプリカが授与される。魔剣使いとの戦い方に備えつつも、サクヤはアイリスの負担軽減のためにその聖遺物のレプリカを手に入れたいと考える。最初は天災を防げればと思ったが、アイリスと協力関係になったことや学園で過ごすことで大切な人たちが増えてくる。天災を防ぎきった後の未来を考えてしまう。今回は魔剣一本と聖遺物のレプリカを手にいれた。設定とか凝ってるけどもうちょっと掘り下げをしてほしいなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK