魔術士オーフェンはぐれ旅 ハーティアズ・チョイス
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔術士オーフェンはぐれ旅 ハーティアズ・チョイス

シリーズ累計1400万部(電子含む)を超える原作最新刊!無謀編と第一部に繋がる、書き下ろし長編!
著者: 秋田禎信 (著) / 草河遊也 (イラスト)
シリーズ:魔術士オーフェンはぐれ旅

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

シリーズ累計1400万部(電子含む)を超える原作最新刊!無謀編と第一部に繋がる、書き下ろし長編!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 金目

    隙間編(じゃない)第2弾。今回はハーティアが主人公。相変わらず相方がいないとネガティブ一辺倒だね。気付け、コギーはただのポンコツなんだ! 前巻のあとがきで、裏設定があり過ぎて触れられなかった人物っていうから、クリーオウの親父と予想していたのだけれど、まさかのマリアベル。エバーラスティン家の仕事人にしてチャイルドマンの弟子の一人って設定強すぎませんか。寸打までやりおって。そして全てを攫っていくファイナル執事大戦。キースとは、執事とは、ゲッターとは・・・・・・もはや言葉もないw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • うさぎや

    ハーティアの気持ちはとてもよくわかる……お疲れ様でした……(笑)。あとキースはキースでキースだった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 藤崎

    今回は、トトカンタに来たばかりのハーティアと、同じくその頃のコギー他が揃ってヴァンパイアが関わる事件に挑む。つまり海老男は出てこない時代で、代わりにというわけではないですが、キースが登場して・・・うん。キース出てきたらキースの話になるに決まってるだろうがP70の6行目とか本当に本当に笑い死ぬかと思ったわ! ・・・なにこれ2番手になる運命からは逃れ得ないとかそういう話なの? 後あのキース、相変わらずキレッキレかつ深い謎語らせても全く違和感なくて本気で一体何者なのか・・・みたいな感じで、色々凄まじいお話でした 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 一会

    ヴァンパイア。貴族王族に白魔術と設定面の穴埋めとして過去から未来まで縦断する内容だけど、もちろんそれだけじゃなくて物語もこの時期のハーティアらしい屈折を軸にして非常に面白い。なにが凄いってキースのノリが昔のまんまなんだけど同時に近年の秋田先生の作風にも合致してるのが半端ない 続きを読む…

    ネタバレあり
  • キョウ

    最高でした。 ハーティアでチョイスと聞いたとき、真っ先に浮かんだのはハーティアがトトカンタでの戦争で魔王と呼ばれるようになるまでの話なのかな、ということでしたが、無謀編より以前の話でしたね。 部長にコンスタンスが出てきた時点で「きゃーっ」だったのに、キースまで出てきたときには「ギャーッ!」となりまして。(ハーティアに注目しすぎて、表紙の他のキャラが目にはいっていないまま読み始めてしまったので余計に) 単体としても面白かったですが、やはりシリーズの積み重ねとして最高でしたね。無謀編と獣を読み返したくなる… 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/01/20
  • 定価
    1650円(本体1500円+税)
  • ISBN
    9784866991085

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK