淡海乃海 水面が揺れる時 三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲 六
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

淡海乃海 水面が揺れる時 三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲 六

シリーズ累計10万部突破!コミックスも絶好調の戦国サバイバル小説、最新刊!
著者: イスラーフィール (著) / 碧風羽 (イラスト)
シリーズ:淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

シリーズ累計10万部突破!コミックスも絶好調の戦国サバイバル小説、最新刊!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 岡本

    史実よりも良い結果となった本願寺の石山退去。英賀に移った後も戦い続けるという意味では良いのかどうか。丹後、摂津と支配地域を順調に増やしていくが上杉家の弱体化により危機が。対毛利家が本格化していき、順調に強国となる朽木家。次巻では足利家と決着が付くのかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナギ

    暗殺計画を乗り越えて、朽木は西へ向かう。三好が朽木に付いたことで本願寺を石山から追い出すのは簡単だったが、越後では上杉の代替わりが発生し、そこの手当も必要に。それにしても足利が全く使えないのが悲しくなってくるね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    朽木基綱暗殺、最初の暗殺が鎧によって塞がれて失敗したのが敗因なんだろうな。八門の忍者軍団も世代交代が始まってる。石山本願寺も元長島の連中と元々本拠地に居た連中との諍いが激化して来て分裂。それを朽木が政教分離はして手厚く迎え入れて差別をしない。それが朽木の特徴だもんな。あと、上杉謙信が病気で倒れ、軽いが半身不随になった。家督を譲る前に跡目争いを未然に防ぐために、朽木家の後盾でって感じで朽木家の娘を嫁に、、ってまだ娘は7歳だろ!基綱が駄々をこねるのも頷ける。 最後の外伝SS、特に電子書籍特典の話が秀逸で良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    最後の賭け、朽木当主の暗殺は失敗。情勢はほぼ固まった。後は現実を見えてない幕府を如何にして解体するか。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しまふくろう

    続けて購入。 物語は村雲党が暗殺に失敗して丹波が征服されたり本願寺が退去したりする話。石山本願寺は後に大阪城になるんだっけか。相変わらずふわっとした知識しかないのだが、この辺はゲーム関連でなんとなく知っているので面白かった。史実よりかなりハードモードな顕如が可哀想。 続きが楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/08/11
  • 定価
    1426円(本体1296円+税)
  • ISBN
    9784864728393

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK