そんな血を引く戦士たち
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

そんな血を引く戦士たち

日本一の「お・馬・鹿・さ・ん」コメディ推参。
著者: 川口大介 (著者) / 戦部遥 (イラスト)
シリーズ:そんな血を引く戦士たち(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

突如コーヒーが人々を襲い始めた。死後の世界「二界」。その二界を武力により征服したメジャー帝国がその侵略の魔の手を地上界に伸ばし始めたのだ。先祖・由井正雪の霊よりその危機を知らされた正雪は、授けられた宝刀を手に、メジャー帝国の怪物どもに戦いを挑む。…がまったく歯が立たない。だが正雪には奥の手が残されていた。“困ったときにはこれを開くがよい”と刀と共に渡された秘伝書があったのだ。さっそく開けてみると、そこにはただひとことだけ書かれていた。―お好み焼きを焼け―…ご先祖さまは正雪に何をさせようというのか。そして地上界の運命は。第六回ファンタジア長編小説大賞特別賞受賞作。日本一の「お・馬・鹿・さ・ん」コメディ推参。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ナカショー

    あらすじにもある通り実にバカバカしい(褒め言葉)敵が起こす騒動がどことなく気が抜けるのに実際見てみるとかなり過酷だったり、ヒロインの名前と正体がかなりインパクトがあったりとこの作品でしか味わえないような面白さがあります。だけど、メジャー帝国から放たれる刺客も終盤ではかなり強力なものになっていくのですが、ヒロインや仲間の努力や頑張りで刺客と立ち向かっていくシーンは異能力バトルものとしてとても楽しめました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK