見切りから始める我流剣術 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

見切りから始める我流剣術 1

その眼差しは全てを見極める。剣と魔法の王道ファンタジー、ここに開幕!
著者: 氷純 (著者) / 眠介 (イラスト)
シリーズ:見切りから始める我流剣術(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

辺境に住む少年リオは、村の子供たちが皆通う道場の理不尽な指導方針に見切りを付けた。
それでも危険と隣り合わせの村で生きていくため、リオは自分なりの戦い方を模索し――我流の剣術を生み出そうと決意する。
剣の才能は無くとも、己だけの剣術作りを楽しみながら、強くなる手段を探すことを諦めないリオ。
隻腕の元冒険者カリルから実践的なアドバイスなども受けつつ、彼の我流剣術は着々と形を成していく。
そんなある日、リオは山で不思議な少女シラハと出会った。
そこから彼の運命は大きく動き出し、やがて前人未到の奥義を編み出すことになる――!
研ぎ澄まされた我流剣術で全てを斬り拓く、剣と魔法の王道ファンタジー、ここに開幕!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 我流を極める少年の努力が花開く瞬間には胸が熱くなるよ!

    レオン
    レオン
    WEB発ヒット作を続々生み出す氷純先生の新作は、我流剣術を極める一本気な少年の物語だよ!

    主人公の少年、リオはとても合理的な思考の持ち主なんだ。護身の術として剣術を学ぶため、道場に通うことになった時もそう。走り込みで周回をごまかすような子が優遇されて直接指導を受けているような道場で学べることはない。見切りをつけたリオは、それならばと独学で我流剣術を編み出そうとするんだ!

    そこでも、彼の合理的な性格が光るよ。相手の剣術の特徴を見極め、元は鎧を着こむ前提の剣術なら脇が弱点であることを見抜く。見栄を張りたい相手の精神状態や、自身の強化魔法の弱さを考慮に入れながら、戦術を構築していくんだ。そうやって試行錯誤しながら、徐々に彼が我流剣術を組み立てていく過程にわくわくできるんだよ!

    かの道場で剣を学ぶ因縁の相手との戦闘シーンも、お互いの威信をかけた緊張感があって、思わず息をのんでしまったよ。やがて彼はそれ以上の強者、邪悪な獣や強大な魔法を相手にすることになる。それでも相手を見切り、一から剣術を編み出す少年の着実な努力が花開く瞬間には、爽快感を覚えてしまうんだ!
  • 元冒険者に謎の少女。合理的でクールなリオさんの頼れる仲間を紹介します

    つむぎ
    つむぎ
    村の子供みんなが通う道場に見切りをつけ、ひたすら自己鍛錬に打ち込んでいるリオさん。そんな彼をあまり良い目で見ない人もいますが、頼れる理解者だっているんです。

    元冒険者のカリルさんは剣術に邁進していたのですが、隻腕になったことで心折れてしまいました。ですが、リオさんに発破をかけられ、再び剣をとることを決意。我流剣術づくりに協力してくれるんです! カリルさんの剣術に対する知識は群を抜いており、リオさんのアドバイザーとしてとっても心強い存在になります。弟子から気づきを得て成長する師匠という関係性には心くすぐられますね!

    謎の少女、シラハちゃんは恐ろしい獣が棲む森にいたところをリオさんに救われました。最初は警戒心もなく言葉も知りませんでしたが、覚えの早さは随一。道具の使い方や言葉はもちろん、身体強化もあっという間に吸収してしまうんですよ! ついには多くの魔法を修得して、防御に攻撃と、戦闘面でリオさんの剣術を補助する頼もしさも身に着けるんです! 一方、寂しがり屋でリオさんの後をついて回る姿は本当に仲のいい兄妹みたいで、とってもかわいいんですよ!

    WEB版から新キャラクターも追加されており、リオさんを取り巻く重厚なドラマを楽しめちゃいますよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 菊地

    「村社会」的なシーンでのはがゆさはあったけど、主人公が試行錯誤しながら・あるいは先達に教わりながら我流剣術を洗練させていく過程は楽しかったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゃか

    魔獣が存在する世界で、体格が出来上がった村の男子は剣術を習う事になる。しかし主人公のリオが足を運んだ道場は、サボりが横行していて、師範もそれを咎めない。阿保らしくなって見切りを付けて、我流剣術を作る事にしたリオですが、それを楽しんでるのがいいですね。 WEBから加筆されてキャラが増えましたが既読民からすると、因縁強化されて良いエピソードだと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/04/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046813596

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK