芋くさ令嬢ですが悪役令息を助けたら気に入られました 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

芋くさ令嬢ですが悪役令息を助けたら気に入られました 3

幸せいっぱいの結婚式を前にトラブル発生!?
著者: 桜あげは (著者) / くろでこ (イラスト)
シリーズ:「芋くさ令嬢ですが悪役令息を助けたら気に入られました」シリーズ(オーバーラップノベルス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

幸せいっぱいの結婚準備は波乱の幕開け!?

『芋くさ令嬢』と呼ばれ、王女の命令でナゼルバートと結婚することとなったアニエス。
王都での婚約破棄騒動も落ち着き、スートレナに戻ってきた彼女は充実した生活を送っていた。
そんな折、真剣な顔をしたナゼルバートから「結婚式をしよう」と提案される!
驚きつつも受け入れるアニエスと喜ぶナゼルバート。
二人は結婚指輪を作るため、銀細工で有名なヒヒメ領を訪れることに!
ヒヒメ子爵家にて歓待を受けることになるのだが、賑やかな家族のなかで長女のソニアが虐げられていることに気付く。
気になったアニエスが事情を探ると、子爵家では次女ばかりを可愛がっており、ソニアは神官長の愛妾として差し出される予定だと知る!
さらには、神官長が元王妃の関係者で、彼女を失脚させたナゼルバートを恨んでいることも判明し……?
巻き込まれ続きのアニエスは無事、結婚式を挙げられるのか――!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • nishiyan

    婚約破棄に端を発した騒動終結から約一月、平穏な暮らしを始めたアニエスとナゼル。結婚式をすることにした二人は結婚指輪を求めて装飾品で有名なヒヒメ領へと赴くのだが、そこで家族から虐げられる子爵令嬢ソニアと出会う本巻。元王妃派絡みの騒動に首を突っ込む二人だが、アニエスの人の良さとナゼルの愛の重さが際立つ展開は相変わらず面白い。平民出身の神官エミリアが仲間に加わって賑やかで新たな恋が生まれたのが楽しい。沈黙を貫く公爵家の動静が気になるのだが、あちらよりもナゼルの方が王都の面々に危険視されてそうで…。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK