隣の席の元アイドルは、俺のプロデュースがないと生きていけない
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

隣の席の元アイドルは、俺のプロデュースがないと生きていけない

彼女はもう、恋愛禁止じゃない。そしてまだ、何も知らない。
著者: 飴月 (著者) / 美和野 らぐ (イラスト)
シリーズ:隣の席の元アイドルは、俺のプロデュースがないと生きていけない(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 転入してきた元アイドル・香澄ミルは普通じゃない。
「初めまして。あなたの瞳を独占中! みるふぃーですっ」
「いつもありがとう! サインは制服でいいかな?」
 抜群のスタイルに、宝石みたいな瞳。何より日常生活とかけ離れたこの圧倒的なアザトさが異様だ。――と思ってたら。
「あれ、いまのファンサで真っ赤にならない人、初めてかも」
「ねえ君、私を"普通"の女の子にしてくれないかな」
 そして始まるプロデュース。週末の娯楽探しや、文化祭。香澄に普通の高校生活を教えるにつれ「そこそこ」だった俺の日常も変わっていき……これは俺と彼女の、青春と再出発の物語。

みんなのデータ

  • 11
    評価する
  • 11
    読みたい

みんなからのレビュー

  • なっぱaaua

    題名見た時は元アイドルが主人公とワチャワチャするラブコメかと思ってたら、メチャ青春モノだった。香澄ミルは人気アイドルグループセンターを務めたほどの人気だったが、とある事件をきっかけに普通の女の子になりたいと引退をして普通の高校生活を送りだす…ことが出来ない。この香澄ミルを普通の女の子にするために主人公柏木蓮が奮闘する話。ではあるのだが、香澄ミルが少しずつ自分を理解しながら、蓮の優しさを感じながら成長していくところがとても魅力的でもあった。~続く~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    世間知らずな元アイドルが転校してきてドタバタするコメディかと思ったら全く違った。必死になれるものを探す蓮と、普通の女の子になりたい元人気アイドルのミル。運命共同体となった二人が絆を深め、蓮は必死になれるものを見出し、ミルは失意からの再生に至ろうとする、多感な思春期を送る少年少女たちの青春ドラマでした。蓮とミルの本音のぶつかり合いがとても熱い。そして蓮への気持ちを隠す幼馴染みの冬華と友人の琴乃も二人の関係に関わり、面倒な思いを抱えた彼女たち三人と蓮の関係がどうなって行くのか。今後の展開が大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    何事にも本気で夢中になれない柏木蓮。そんな蓮が“普通の少女”に憧れる元アイドルの香澄ミルが紡ぐ青春ラブコメ。 幼馴染で現役アイドルの白樺冬華頼みで渋々ミルの面倒を見てた蓮が、本気で普通になろうとするミルに感化されて少しずつ変わっていく蓮ですが、ミルが普通になろうとする過去は想像以上重いもので。そんなミルを受け入れることが出来た蓮だけはミルのことを一人の女の子として見ることが出来るという展開は王道ながらもグッとくるものがありました。 ミルが強すぎますが、他のヒロインも魅力的なので続刊に期待したい新作ですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    彼女はもう、恋愛禁止じゃない。そしてまだ、何も知らない。元アイドルとはじまる青春と再出発の物語。転入してきた元アイドル・香澄ミルは普通じゃない。抜群のスタイルに、宝石みたいな瞳。何より日常生活とかけ離れた、この圧倒的なアザトさが異様だ。…と思っていたら。「ねえ君、私を普通の女の子にしてくれないかな」そして始まるプロデュース。週末の娯楽探しや、文化祭。香澄に普通の高校生活を教えるにつれ、そこそこだった俺・柏木蓮の日常も変わっていき…。香澄の普通の女の子への思いと、蓮の求めるもの。とても素敵な青春物語でした! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    抜群のスタイルに宝石みたいな瞳。何より日常生活とかけ離れた圧倒的なあざとさが異様な転入生の元アイドル香澄ミル。そんな彼女に普通な高校生活を教える青春小説。幼馴染の現役アイドル・白樺冬華に託されて香澄ミルの面倒を見ることになった柏木蓮。無意識にアイドル的行動をしてしまう日常や週末の娯楽探し、文化祭の実行委員に立候補したりと、時には隠れ限界オタの委員長や冬華も絡めた共同戦線で、時には振り回されて迷い、ぶつかり合いながら変わってゆくミルと蓮の関係が良かったですね。彼とヒロインたちを巡る恋模様にも期待しています。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK