小悪魔少女は、画面の向こうでデレている 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

小悪魔少女は、画面の向こうでデレている 2

「ボクのほうが、キミを愛しているよ?」
画面の向こうのあの子はいったい誰?
リモート授業がつなぐ、ポンコツ同士の青春ラブコメディ第二弾!
著者: 只木ミロ (著者) / 林けゐ (イラストレーター)
シリーズ:「小悪魔少女は、画面の向こうでデレている」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ボクのほうが、キミを愛しているよ?」
画面の向こうのあの子はいったい誰?
リモート授業がつなぐ、ポンコツ同士の青春ラブコメディ第二弾!

数年ぶりに会うことになった〝ミッチ〟こと千夜と文人。文人は成長した幼馴染みとの再会に胸が高鳴り、気持ちを再確認する。一方、千夜は黒髪ウィッグで会いに行き、≪久住千夜≫の正体を隠し通せた……が、本当の自分を秘密にすることで、二人にすれ違いが生まれてしまい――
そんな中、もうひとりの〝ミッチ〟である満も文人に迫っていく。
「キミの恋人が無理ならば愛人で手を打とう」
「求愛行動だよ?」
「ボクと結婚したくなったかい?」
文人は果たして〝ミッチ〟の正体に気が付けるのか!? 画面の向こうのあの子はいったい誰? ポンコツ同士の青春ラブコメディ、第二弾!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • サケ太

    良いラブコメ。すれ違いと誤解。千夜と文人の間で結ばれた絆がこの後も続きますように。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    前回はチャットがメインという独特な構成に微妙にテンポが悪いと感じる部分があった。けど今回は現実をメインにチャットが挟まるという形になっていたので、とても読みやすくなっていたと思う。愛の重い少女たちに挟まれて、さらにあざとい後輩に振り回されて四苦八苦。それでも全部に真摯に向き合えるのすごい。フラットに扱った上で当然のように優しいというのは、特別扱いされてきた女の子たちに刺さるのは何となく納得できる。後半かなり駆け足だったけど、最後にしっかりとまとめていただいてありがたい。続くかわからないけど今後もお幸せに! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    再会を果たした千夜と文人がすれ違ってしまう中、再開された学校でいじめを受ける後輩、告理が文人へ迫る今巻。―――交差し重なる思いに向き合い、自分だけの答えを示せ。振り回されて四苦八苦、それでも優しい文人の思いが光る中、少女達の譲れぬ思いが交錯する、現実世界を舞台にするからこその読みやすさと面白さが光る巻である。見つめ直して向き合って、ようやく見つけた本当の気持ち。もう一度向き合い伝えあい見出すのは、あの日と変わらぬもの。ようやく結ばれた絆は決して離れることは無いだろう。 次巻もあって欲しいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/05/16
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784815612115

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK