ルーン帝国中興記 平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ルーン帝国中興記 平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す 2

魔法VS魔法! 時代の風を起こせ――!

「俺たちはただ、生まれる場所を間違えただけさ――」
皇帝。将軍。商人。
三人の英雄は互いの姿と立場を入れ替えて、己の天分を開花させていく!
いざ、帝国を大改革へ! 三英雄共鳴のシャッフル戦記第二弾!!
著者: あわむら赤光 (著者) / Noy (イラストレーター)
シリーズ:「ルーン帝国中興記」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「俺たちはただ、生まれる場所を間違えただけさ――」
皇帝。将軍。商人。
三人の英雄は互いの姿と立場を入れ替えて、己の天分を開花させていく!
いざ、帝国を大改革へ! 三英雄共鳴のシャッフル戦記第二弾!!

ハ・ルーン皇帝ユーリフェルトは「奇跡の一夜」を経て将軍と入れ替わり、帝室秘伝の幻影魔法を戦場へ持ち込むことで、連勝を重ねていた。
対する敵国トルワブラウは、この事態を重く見て同じく王家秘伝の火炎魔法を以って大反攻を実行する!
さしものユーリフェルトも渋面、
「恐るべきは"薊姫"の火炎魔法か。手妻に等しい余の魔法とは大違いだ」
魔法対魔法! 戦場の勝者となるのはユーリフェルトか、"薊姫"か。
燎原の火に呑まれんとする帝国に、果たして時代の風は吹くか――
皇帝となったセイも暗躍し、商人グレンが活躍す、三英雄共鳴のシャッフル戦記、待望の第2弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    互いの姿と立場を入れ替えて、己の天分を開花させていく三人の英雄。帝室秘伝の幻影魔法を駆使するユーリフェルトに対する敵国トルワブラウは、王家秘伝の火炎魔法を以って大反攻を実行する第二弾。連勝を重ねるユーリフェルトの快進撃を止めたトルワブラウが誇る薊姫の火炎魔法。貢献した褒美をねだるセイの妹ナーニャ、魔法対魔法の激突とその壮絶な結末。先を見通してみせたセイの深謀遠慮が凄まじいことになってましたが、戦場でまたもやとんでもないものを拾ってきてしまうのがグレンなんですよね(納得感)どんな展開に繋がるのか次巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★1巻では商人→皇帝となったセイを中心に描かれていたが、今回は表紙の通り皇帝→将軍となったユーリを中心に、北部の戦線を描くというもの。幻影魔法により連戦連勝を収めていた帝国軍に対し、相手国もまた虎の子の火炎魔法の使い手、当代の「薊姫」を前線に繰り出す。圧倒的ともいえる制圧力の火炎魔法を前に、ユーリの「必殺」の策が冴えわたる…といった内容で、魔法もアリのファンタジー戦記らしい派手さと、3人の入れ替わりによって輝く才覚によって、かなり魅力的な作品へと昇華されていた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    幻影魔法を戦場に持ち込むことで連戦連勝を重ねるユーリ。敵国も手をこまねいている訳もなく、火炎魔法の使い手・薊姫が投入され、戦線はまたも膠着する本巻。一方のグレンはナーニャ&ステラとともに商売の難しさを知るなど、セイの掌の上で動かされている二人が対照的な苦労をしているところは面白かった。今回の戦でユーリがどこか吹っ切れた点が興味深く、最後に責任をとってくれる人がいるとこうも大胆になれるものかと驚いた。最後にグレンが助けた女性だが、彼女の存在がどんな波紋を巻き起こすのか。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    今回は前回あんまり活躍する描写が少なかったユーリがメインの巻。「奇跡の一夜」を経て将軍と入れ替わり、幻影魔法を使い連勝していたユーリだったが相手側も黙ってやられるわけもなく...な内容。魔法対魔法の戦いだが確かに秘密にしとかんと対応策取られたらどうしようもないわな、セイの暗躍が先見の明見過ぎで怖いレベルだわ。闘志をたぎらせたユーリの戦略がえげつなすぎる、あれじゃ勝っても味方もたまったもんちゃうやろwグレンはまた女性を助けてるしwその女性をめぐって次巻は色々と起こりそうだなw楽しみに待っとこう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    王都が中心だった1巻から変わり、戦場のユーリを中心として描かれるシャッフル戦記2巻。今回は、幻影魔法でトントン拍子に成果をあげていたユーリが、敵国の出してきた強力兵器人間薊姫の火炎魔法によって苦戦を強いられる始まりでしたね。敵国サイドもあり、戦記物の側面が強く、ユーリの苛烈な残酷さも浮き彫りになった巻でした。エファからの扱いが幼少期と違い軽んじられるようになったと思ってるユーリでしたが、それは敬愛から恋に変わったからだと思うの。グレンが最後にとんでもない爆弾を抱え込んじゃうの彼らしいよなぁ。続きが楽しみ! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/05/16
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815609481

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK