サキュバスとニート くえないふたり 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

サキュバスとニート くえないふたり 2

駄サキュバスが帰ってきた! さらに新たな居候も? 本日もニート日和★
著者: 有象利路 (著者) / 猫屋敷 ぷしお (イラスト)
シリーズ:サキュバスとニート(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「カズてめェこのカスゥ!! 冷蔵庫にあるあたしのプリン食ったろ!?」
 一度は己の世界に帰ったはずも、なんやかんやで出戻ってきたイン子。そんな騒がしくも平和な二十楽家に、新たな騒動が巻き起こる……!
「《乃艶》と申します。この度は助けて頂き、感謝の極みに――……ございます」
 和友の自室(兼イン子の部屋)に放置されていた召喚陣から飛び出してきた、見た目は美少女な妖怪・飛縁魔の乃艶。
 行き場のない彼女に二十楽家で居候してもらおうと提案する和友だったが、縄張り意識の強いボス犬淫魔ことイン子が素直に承服するはずもなく……?
 他にもイン子の一日コンビニバイトや和友の人生初合コンなどギャグ山盛り★
 狂乱ニート生活、第二弾!!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • わたー

    ★★★★★カラー口絵1発目が禁書目録のパチを打つイン子さんだとッ。相変わらずキレてやがるぜ。ただ、本編でのパチンコ描写が少なかったことが残念でならない。もっと向こう側の景色を見せてくれヨォ。閑話休題。今回は表紙にもなっている飛縁魔の乃艶が登場。イン子さんとは別ベクトルのやべぇ奴なことに加え、とある変態のせいでヤバさがエスカレートするという…更にビジュアル化も果たした別の変態も加わって…変態の蟲毒かな。とまあ、一部の変態はさておき、イン子さんを中心としたハイテンションコメディは健在で、非常に面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    前回とは地続きの生存理由を絡めつつ、異種族をテーマにした伝奇要素が大きく光る。 敬語キャラって常識枠として埋もれることもある中、今作のヤバすぎる連中と比べるてもキャラの濃さを保っていたのは凄い。 ただ一番ヤバいのはイン子と育子さん。コンビニやらパチンコやら合コンの人外言動に周りの人間が若干引きながら対応するのが面白い。非常識は極めると、周りを冷静にするのだ。 単純なテーマも面白いんだけど、琥太郎とかホンマにヤバいと思わせるキャラの別側面を掘り下げていくのがうまい。全員濃くするぜ、という意気込みを感じる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    和友の部屋に放置された召喚陣から妖怪、飛縁魔である少女、乃艶が現れる今巻。―――明日は明日の風が吹く、それを信じて後は任せよ。 前巻にも増してキレッキレ、もはや関係各所に土下座じゃ済まなさそうなギャグが繰り広げられる中で、伝記的な要素が深まると共に最後はやっぱりいい話で〆てくる今巻。 前巻で笑われた読者様には是非お勧めしたい巻である。さらに増え、どんどんと混沌としていく人間関係。果たしてこれ以上人間関係が増える事はあり得るのか。何だかんだと変わらぬ和友の周りのドタバタの行方は。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    強肩ノーコンを藤浪と言うのはやめなさい! 飛縁魔の乃艶が召喚陣からひょっこり現れ、カオスさも増す。バイト、合コンはマジでこの人にしか書けない。強制収監とかセルフとか、どんな生活送ってたらこんな発想が出てくるんだ…。そして人の身でイン子と色んな意味で渡り合う育子は、所詮人も他の種族から見れば怪物でしかないという隠喩なのかもしれない。いや、あれと一緒にされたら困るな。ラスト上手くまとまったので全体的にいい話だった気がしてたけど、感想書いてたらぶっ飛んでたことを思い出せた。終わりよければ全てよしとはこのことか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    前回の大団円と共に放置されていた召喚陣から、新たな魔物…ではなく妖怪乃艶<ノエ>が現れる。度重なる警察保護、イン子大暴れコンビニバイトなどコメディも楽しい2巻。面白い!古今東西の変態大集合なギャグコメディが楽しかったです。ヤバイ奴がその時々によって入れ替わり、絶妙なバランスを取ってるよなぁ。今回新登場のノエは、いい子なのでは?と思っていたら、変態との出会いで開花してしまいましたね。物語として、人ではない存在との折り合いをどうつけるのかというのもよかった。今後のみんなの生活も読んでみたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/05/10
  • 定価
    814円(本体740円+税)
  • ISBN
    9784049142846

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK