才女のお世話 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

才女のお世話 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました 3

「私にとっては伊月だけが特別なんだ」 完璧を演じるお嬢様とお世話係の甘々ラブコメ、待望の第3弾!!
坂石遊作 (著) / みわべさくら (イラスト)
シリーズ:才女のお世話(HJ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

「私にとっては伊月だけが特別なんだ」
完璧を演じるお嬢様とお世話係の甘々ラブコメ、待望の第3弾!!

『完璧』を演じる実は怠惰なお嬢様・雛子と、甲斐甲斐しく彼女の面倒をみる元一般庶民のお世話係・伊月。
天王寺さんのおかげで、雛子のお世話にも貴皇学院にも伊月が慣れ始めた頃、昔なじみの成香が友人作りに協力してほしいとやってくる。成香の良さを知っている伊月は彼女のために一肌脱ぐことにしたが――

「だって……伊月と最初に出会ったのは、私だったんだ」

成香のやきもちが爆発し、成香と雛子が伊月を取り合う事態に発展して!? 
お嬢様とお世話係の恋物語、書籍版完全書き下ろしで送る第3弾!!

みんなのデータ

  • 24
    評価する
  • 16
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ナギ

    成香編、友達付き合いの苦手な成香にいろいろとチャレンジしてもらい、友達作りを手伝うが……伊月の問題も露呈し、友人関係を見直す事に。さらに雛子はついに恋愛に目覚めたのか?というお話。雛子の気づきが非常に切なくて懐かしくて良かったです。こんな気持ちになった事があったなぁ。ってなりました。天王寺さんが少し柔らかくなった気がして微細な感性を伝えるの上手い作者さんだなぁと思います。これからの成香にも期待してます。次巻は新キャラみたいなので少し違った伊月が見れるかにも期待しています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    伊月に対する見方が変わってしまい、これまで無自覚&無防備に接していたことが出来なくなってしまった雛子が可愛らしい今回は、ボッチ気味な幼馴染みで伊月のはとこの成香の友人作りを頑張る回でした。孤高でクールに見えるけど、心許した相手には素のポンコツ具合をさらけ出せるというのは、ラブコメにおいてとても魅力的で愛すべき個性と言えましょう。そんな成香も伊月への好意を明確に示すようになり、さらにまた一人昔なじみが登場するようで(1巻冒頭の女の子?)、伊月を巡るヒロインレース激化の予感。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    天王寺さんのおかげで、雛子のお世話にも貴皇学院にも慣れ始めた伊月。そんな彼のもとに幼馴染の成香が友人作りに協力してほしいとやってくる第三弾。圧倒的運動能力から周囲に畏怖され、伊月以外に友だちが作れていない成香。協力する中で自身もまた学院での交遊関係に課題があったことに気づく伊月。前回伊月と離れて寂しかった反省から雛子も関わって、成香と伊月を取り合う事態には苦笑いでしたけど、周囲との関わりも意識しながら、悩める成香をどうサポートすべきか、試行錯誤の中からその答えを見出してゆく結末はなかなか面白かったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★☆ 安定の坂石先生クオリティを感じられる一巻でしたね。 物語の土台はこれまで二巻と変わらず、お金持ちの子息ばかり集まる名門校に中小企業の子息と偽って潜入する一般庶民の息子である主人公が、表では品行方正ながらも実態はぐーたらお嬢様であるヒロインを支える話という構図でした。そんな中でも今巻はメインヒロインではなく表紙のサブヒロイン回になっており、あまりにも武道に長けすぎたばかりに周囲の人に怖い人と誤解されている主人公の幼馴染にスポットを当てたお話となっていました。 正直物語の流れ的な意味ではこれまでと→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    今回は成香の友達作りに伊月が協力する物語。成香の良いところが周りに知ってもらおうと伊月が雛子と計画する中で浮き彫りになる伊月の問題。 伊月と成香が抱える問題に意外な共通点を見つけた伊月がいろんな人達に協力して、競技大会を通じて雛子の印象が変わっていく展開はホッコリしました。 次巻はいよいよ幼馴染の登場でしょうか、続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/04/30
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784798628233

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK