泥の分際で私だけの大切を奪おうだなんて
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

泥の分際で私だけの大切を奪おうだなんて

アイツが私の大切を奪うだなんて『気のせいだ』
著者: 真野真央 (著者) / おむたつ (イラスト) / ぷす (原作・監修)
シリーズ:泥の分際で私だけの大切を奪おうだなんて

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「非業の死を遂げる運命の少女を守れ」
それが、天界から私と【先輩】に与えられた使命。
地上に降り、愚かな人間なんてものを守るのが仕事なんて……。
しかも、普通の少女を守る……?
なんで美しき天使である私たちがそんなことをしなくちゃいけないの!?
【先輩】もずっとそう考えているに違いない。そう信じていたのに、なんであんな――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 10
    読みたい

みんなからのレビュー

  • リク

    元の楽曲は知らないのでラノベとしての感想。お人好しな人間を救うため不良天使が派遣されて共に暮らす。初手で『泥』というあだ名をつける程度には悪意たっぷり。そこから純粋無垢な心に触れて、人間世界の楽しみに気づいて、と絶対更生する流れと思ってたので、かなり意表を突かれた。ちょいちょい人間の醜さを表すイベントが発生していたので、天使ちゃんのヘイト管理していた存在が居そう。一番の大切がなければと考えると、そういうことか? 個人的にこういうエンドは嫌いじゃない。この後も面白くなりそうだが、その辺は曲であるのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • すごいなあ。すごい。なにがすごいって緩急がすごい。それは言うなれば、優しいメロディと刺々しさがある歌詞との調和を表現しているようで、感嘆してしまいますね。純粋な思いが日に日に崩れていく。その過程に優しさや光があったからこその、破壊であり、そして悲哀である。その段階を得ての結末は決して単純なあとがきで書かれていたようなソレとは違い、鬱屈してきたものとの開放である。たがらこそ読後は清々しさに溢れている。小説、物語を楽しむという醍醐味が詰まりに詰まった作品です。今年一番になるかも知れません。超面白かった! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たま

    友達に借りて読みました。 すごい。こんな解釈の仕方もあるんだ。曲を聴くときの視点が新たに1つ加わった。最後に一気にダダっと駆け上がって展開が変わるところ好き。自分でも買おうかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なせん@低浮上

    曲に対する感じ方が変わった 楽曲だけでは伝えられないところまでしっかり書かれていて普通に感動したまじでおすすめ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 五十嵐月夜

    天使ちゃんの軽薄さがちょっと解釈違いだったり、文体が好みじゃなかったりとか色々あったけど、いろんな解釈のできる曲に対するノベライズとしては良い作品だった。曲の続きもよかったので、天使ちゃんもう一回失敗しないかな~~~~~~ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/03/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046812902

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK