職業は鑑定士ですが【神眼】ってなんですか? 世界最高の初級職で自由にいきたい 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

職業は鑑定士ですが【神眼】ってなんですか? 世界最高の初級職で自由にいきたい 1

あらゆる情報や確率をその手の中に。特級の【神眼】で自由を切り拓け!
著者: 渡 琉兎 (著者) / ゆのひと (イラスト)
シリーズ:職業は鑑定士ですが【神眼】ってなんですか? ~世界最高の初級職で自由にいきたい~(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「名前、真広桃李。十八歳の男。それで職業が鑑定士……ここまではいいんだよ」
平凡な高校生だったトウリは、授業中に在籍するクラス全員と共に異世界へ転移させられてしまう。
スキルの基礎となる“職業”が、初級の『鑑定士』でしかないことが判明したトウリは、勇者を求めて召喚した人々に、テンプレのような流れで追放されて途方に暮れ――なかった!
そんな彼の職業『鑑定士』は、万物の情報を知ることだけでなく、あらゆる解決策や確率すらも推し量れる、特級の【神眼】だったのだ。
「それにしても鑑定士【神眼】、めっちゃ役に立つけど本当に初級職なのか?」
トウリは自身の能力を上げるアイテム発見&活用しながら、辿り着いた城塞都市の領主アリーシャの協力を得て、この世界で自由に生きていくことを決意し――。
規格外の鑑定スキルで自由を切り拓く、王道異世界ファンタジー、ここに開幕!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 追放されたけど、唯一無二の最強スキルでなんでもお見通し!

    ノエル
    ノエル
    カクヨムコン6・異世界ファンタジー部門の特別賞受賞作は、とっても珍しいスキルを使いこなす鑑定士のお話だよ!

    クラス全員で異世界召喚に巻き込まれたトウリ。彼がほかの人に比べて弱い初級職だってわかった王様は、危険な魔の森にぽいって転移させちゃうの! そこは魔獣やドラゴンが住んでるこわ~い場所なんだ。もしうっかり出くわしでもしちゃったら、初級職の鑑定士じゃひとたまりもないよぉ~……。

    だけど、大丈夫! トウリには特別な鑑定士スキル、【神眼】があるからね!

    「危険な魔物」って鑑定するだけで、どこに魔物がいるかわかっちゃう! これなら戦闘職じゃないトウリでも、安全に森を抜けられるね! すぐに知りたいことがわかっちゃうなんて、【神眼】ってべんり~。

    さらに「一時的に能力が上がる食べ物」を鑑定すれば、誰も知らなかったすごい果物を発見できるんだよ! 速さのぶどうを食べたら、ドラゴンの火のブレスだってひょいひょい避けられちゃうの! こんなに珍しいものも見つける鑑定って、ほんとにすごいんだね!

    【神眼】でいろんなものを見つけちゃうトウリの冒険。WEB版を読んだことのある人も、きっとワクワクできるはずだよ!
  • 【神眼】を駆使して仲間と共に危機に立ち向かう! 心が滾る物語だよ

    レオン
    レオン
    追放されたトウリは、防衛都市グランウォールの若き領主、アリーシャのお世話になるんだ。先祖が異世界人ということもあって衣食住はもちろん、彼のレベルアップや、トウリのように森に追放された異世界人の救出にも協力してくれるんだよ。民衆からの信頼も厚いし、本当にいい人なんだよね。

    でも平和な都市にも危機が訪れる。トウリの【神眼】スキルが、突如魔物の侵攻までのカウントダウンを告げるんだ。だけど、トウリがいれば最適な対抗策を計画することもできるよ。都市の防衛の編成や、人物の配置 。ピックアップされた兵士長やギルドマスターの強さは、もちろん【神眼】の「人物鑑定」のお墨付きさ。

    けど、その計画をちゃんと通すにはタイミングが重要なんだ。1秒1秒、それぞれの剣技スキルや魔法のタイミングにも気を配らなければ勝利は訪れない。それでも、彼らは【神眼】を信じ、敵の大将に攻撃を打ち込んでいくんだ!

    互いの力を信じ、連係がとれる自信があるからこそ、針の穴を通すような作戦に賭けられるってわけ。「最善手を選び続ける」ために行動する、トウリたちの覚悟や仲間たちとの絆が熱くて、すごく心が滾る物語だよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • にっし〜

    ★★⭐︎⭐︎⭐︎ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/03/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046812827

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK