ここでは猫の言葉で話せ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ここでは猫の言葉で話せ 2

アーニャを狙う米国諜報員・グライアイ三姉妹が日本上陸。旭姫に迫るロリコン長姉の毒牙、さらに小花とのデートを懸けて次妹とアーニャがデスマッチ! 譲れない想いを抱えた少女たちのハードキャットファイト開戦!
昏式龍也 (著) / 塩かずのこ (イラスト)
シリーズ:ここでは猫の言葉で話せ(ガガガ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

諜報員三姉妹、襲来!命も恋も大ピンチ!?

猫とのモフ活と女子高生としてのガールズライフを過ごす中で人間らしい感情を取り戻していく元人間兵器のアーニャ。

そんな中、アーニャを狙う米国諜報員『グライアイ三姉妹』が日本上陸!
アーニャのみならず同居する小学生・旭姫の元にもロリコンの長姉・ペムプレードーの毒牙が迫る。さらに小花とのデートを懸けて次妹・エニュオーとアーニャが学校の屋上でデスマッチ! 激ヤバ三姉妹の策謀でアーニャの命と恋は大ピンチ!?

大切な人を守り抜け! 譲れない想いを抱えた少女たちのハードキャットファイト開戦!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    今回も猫とガールズラブコメとバトルアクションが混じった不思議な感触を、楽しんだ。前巻は基本設定を語らざるをえずストーリー性が強かったが、2巻はより日常ドラマ性が高まった。で、独特の味わいも120%ぐらいに濃くなった感じ。ゆるふわなのに、殺気が漂う瞬間が来るのが面白い。諜報員「グライアイ三姉妹」日本上陸ということでアクション度増しなのだが、なぜか作品全体の雰囲気は殺伐としすぎたりすることはない。文体の効果が絶妙な気がする。とはいえ、終盤は連続バトルで燃えた。結果的にレギュラーが増えたようで、3巻に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雪紫

    すべては猫が回している。あらすじですら新たな百合要員だと隠す気すらないスパイ三姉妹がアーニャや彼女とフラグを建てた女達に迫る猫と百合キャラの巣窟な第2弾。前巻以上にしれっと日常パートが戦闘パートに変わっても違和感がなさ過ぎるし、百合要素もますます自重しない(とりあえず小花いつの間にフラグが!?)。いや、百合の種類にしろ、背景にしろこんなにカラーの違う話をとりあえず猫でまとめるの凄過ぎでしょ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    参考文献で『猫の妙術』って実在してて吹いたw 実在するのか江戸時代……そういや沖田総司も刀もって猫と互角とか言ってたな。猫と武術は意外と相性良かったり? 前回の敵と飄々とした暗殺屋姉さんもそうだが、キャラがとてもシンプルに動いていて、コレと決めたら真っすぐ仲良くなるのがコミカルで可愛らしい。 まさに猫らしい正直な物語。 三姉妹でお気に入りはエニュオー。一番ファンキーな見た目してるのに、一番クールに引き際を守って、冷静に俯瞰してるのが面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 紺色灯油

    戦う理由、異能の特性、強敵の攻略法までなんでもかんでも猫づくしなのが面白い。やたらピンポイントなことを言うと、私は「敵対する者同士が敵対したまま冷静に会話するシーン」が好きなので露天風呂のシーンでけっこう盛り上がった。ちなみに私はハーゲンダッツのフレーバーならチョコレートブラウニーが好きです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    少しずつアーニャが猫のいる生活に馴染み始める中、米国の諜報機関の三姉妹が襲来する今巻。―――ささやかな幸せを守る為、己の可能性へと立ち向かえ。 小花とのガルコメ、猫の可愛さ、そして熱いバトル。三本の柱をそれぞれに深め更に面白さを上げていく巻であり、この作品特有の面白さが更に高まっていく巻である。ささやかな日常に加わる新たな仲間と進む季節。未だ彼女の日々は薄氷の上な中、この幸せはいつまでも守られるのか。夏という季節が来る中、彼女を待っているのはどんな猫と未来なのだろうか。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/04/19
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784094530568

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK