転生ごときで逃げられるとでも、兄さん? 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

転生ごときで逃げられるとでも、兄さん? 3

――彼女の愛は、神の筋書きさえ殺す。
著者: 紙城境介 (著者) / 木鈴カケル (イラスト)
シリーズ:転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

最強の精霊術師、トゥーラ・クリーズの引退。それはラエス王国中に衝撃をもたらした。
王国の実権を握るべく貴族たちが暗躍する中、ジャックは王太子・エルヴィスと共に闇のブローカー『ビフロンス』との繋がりが疑われる女侯爵ラヴィニア・フィッツヘルベルトの調査を試みる。
しかし彼女の居館『臥人館』では想像を絶する光景が待ち受けており──!
王都に蠢く闇。『九段』の段位を持つ精霊術士たちの胎動。学院を舞台にしたサバイバル戦。
それでも、転生してから培ってきた力を手に勝ち抜いてやる。大切な存在と共に生きるために。
最強が集い、最恐が目覚める、「覚醒点」の第3巻。
――彼女の愛は、神の筋書きさえ殺す。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • なっぱaaua

    今まで紡いできた物語が全てチャラになる展開は心底吃驚した。霊王決戦と謡うので激しいバトルがいろいろな場面で繰り広げられるかと思いきや、最高と言われたものたちが次々と退場していく。大勢の人が退場する話は今までもあったがここまで重要と思われそうな人物が次々に退場するのは有りか。ラケルの超ド級の凄さが際立つがそれでも生き残れるか不安な要素しかない。ラストも同級生たち運命はいかにという感じ。1巻での妹ちゃんの凄まじさがそこかしこで感じられる今巻。この後がどう展開するか楽しみでしかない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【BW】表紙から漂う不穏な空気よ…。最強の精霊術師”霊王”トゥーラの引退。それに伴い新たな最強を決める「霊王戦」が開催されることになる今回。王都に集まる強者たちと蠢く闇。勝利の女神は誰に微笑むのか…。と、天下一武道会っぽい流れになるのかと思いきや、これまで積み上げてきたものを全部ひっくり返す驚愕の展開に。暗転と目次の再構築という斬新な表現法によって物語は大いに盛り上がり、姿が見えない『妹』への恐怖もまた高まります。そんな『妹』に対してジャックたちはどう立ち向かうのか。続きが大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    永世霊王トゥーラの引退宣言が王国中に衝撃を与える中、ジャックとエルヴィスは『ビフロンス』との繋がりが疑われる女侯爵ラヴィニアの居館「臥人館」へと潜入する本巻。潜入捜査での激闘が前座となるぐらいに、「妹」が霊王戦を引っかき回すのだが、凄惨かつ血なまぐさいもので、凝った構成がより際立たせており、読んでいてなかなかきつい。きっかけがジャックとフィルの婚約なのだからまた始末に負えない。そんな中で見せたラケルの奮戦は悲哀に満ちたもので…。後を託されたジャックたちはこの騒動を解決することができるのか。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    学院編始まって妹が裏で動いているがまだ平和かと思うたらなんかとんでもない展開になって来た...な第三巻。最強の精霊魔術師の引退という衝撃のニュースが王国中に駆け巡る中、ジャックは「ビフロンス」との繋がりがある貴族の調査を試みるが...。中盤からの展開が凄まじすぎるわこんなん誰も予想できひんやろw強者と呼ばれる者達が軒並みやられていく中、ジャック達は辛くも難を乗り切るがまだまだ敵は手を休めておらずってところで続くんかいwどう展開してくのか分からへんから続きはよ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    霊王であるトゥーラが引退を表明する中、疑惑の女侯爵ラヴィニアの屋敷へエルヴィスと共に潜入する今巻。―――彼女が舞台へ上がる時、世界は地獄に墜とされる。 忘れてはいけない、「ヤツ」はいつでも傍にいると言う事を。そんな事実を示すかのように、用意された筋書きがすべてぶち壊され、地獄が幕を開ける今巻。既に始まりからして中々の絶望である中、これ以上どんな地獄が待っているのか。恐ろしい事に今巻はまだ始まりに過ぎぬ。だからこそ本番はこれから。きっと誰もが息絶える地獄が待っている筈である。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/04/25
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784046812957

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK