冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する 5

「よし! ということで、私は今日からお前の師匠だなっ!」 これは今へと至る、少年が世界最強の魔術師となるまでの物語――。
著者: 御子柴奈々 (著) / 梱枝りこ (イラスト)
シリーズ:冰剣の魔術師が世界を統べる(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

鈍色の空の下、レイ=ホワイトは在りし日々の記憶を思い出す――。
どこまでも深い闇。紅く染まった世界。行くあてもなく彷徨う日々。
そんな世界に差し込んだ、かすかな光――師匠リディアとの出会い。
「お前はこれからも、私と――いや。私たちと一緒だ」
生まれる師弟の絆。だがそれすらも、戦争という波に呑まれてゆく。
極東戦役の拡大。大切な仲間と、失われる命。そして覚醒する冰剣。
何かを探して歩き続けて目にしたものは、どうしようもない喪失で。
けれど慟哭の空の果てには、やがて希望の未来が待っているから――。
――これは今へと至る、少年が世界最強の魔術師となるまでの物語。
コミックも好評の王道学園ファンタジー、過去と現在をつなぐ追想編!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    リディアとの出会いから今の家族を得るまで、レイの過去が紐解かれる今巻。―――炎が迸る地獄の中、少年は最強へと目覚めゆく。 今までは中々語られなかったリディア達の軍での日々を描きながら、出会いと喪失を経験しレイが今の性格となっていくまでを描く巻であり、今までとは違い確かな切なさと重さの中で描かれていく巻である。彼等がいたから知った喪失がある、けれど彼等がいたから知った温かさがある。過去を振り返り改めて背負い、歩き出すレイ。新たな年がすぐそばまで迫る中、彼を待つ世界とは。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK