高3で免許を取った。可愛くない後輩と夏旅するハメになった。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

高3で免許を取った。可愛くない後輩と夏旅するハメになった。

高校生活最後の夏休み、クルマで旅に出る──
可愛くない後輩と一緒に
著者: 裕時悠示 (著者) / 成海 七海 (イラストレーター)
シリーズ:「高3で免許を取った。可愛くない後輩と夏旅するハメになった。」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

高校生活最後の夏休み、クルマで旅に出る――
可愛くない後輩と一緒に

「せんぱい、免許取ったんですか?」

車で夏の北海道を旅するのが夢だった僕は、
校則違反の免許を取った。

しかし、最悪の相手に運転しているところを見つかってしまう。

鮎川あやり――なぜか僕のことを目の仇にする冷酷(クール)な風紀委員だ。

僕の夢もこれで終わりと思いきや、

「事故でも起こされたら大変です。
わたしが運転技術を確認します」

ゆかいにドライブしてしまう僕ら。

助手席の彼女は、学校では誰にも見せない可愛い顔を覗かせたりして。

「それじゃせんぱい。良い夏旅を」

別れ際、彼女が一瞬見せたせつない笑顔に、僕は――。

裕時悠示&成海七海が贈る
青春冒険ラブコメ〝ひと夏の甘旅〟始動!

パートナーのおすすめレビュー

  • ロードムービー型ラブコメだよ♪ ドライブと恋の行き先はどこかな…?

    華恋
    華恋
    主人公の廉太郎さんを目の仇にし、いつも厳しく取り締まる風紀委員で後輩のあやりちゃん。彼女はクールな美少女で人気者なんですが、廉太郎さんにとってはいつも小言を飛ばしてくる天敵なんです。

    この廉太郎さんが、校則違反にもかかわらず、在学中に車の運転免許を取っちゃうんですっ! しかも、あやりちゃんに運転してるところまでばっちり見られちゃって…。

    でも、あやりちゃんは怒るどころかむしろ心配そう…? お守りまで渡してくれますが、交通安全ではなくまさかの縁結び。「友人に頼まれたものと間違えました」とか言ってますが…どういうことなのかなぁ…♪ やがてふたりは運転テストと称して、休日ドライブに行くことに。ふふっ、わかってましたよ! やっぱりそういうことですよね♪

    運転席と助手席という近い距離になれば、可愛くないはずの後輩のいろんな素顔も知れちゃいますよね♪

    あやりちゃんは運転する廉太郎さんが退屈しないよう落語を覚えてくるお茶目な一面や、手作り弁当を「美味しい」と褒めてもらえたら小さく何度もガッツポーズしちゃったり♪ もうテストではなくドライブデートですっ!

    こんな子と旅ができたら絶対、楽しい! って思えること間違いなしの小説ですよっ!
  • 「観光」じゃなく、「夏旅」なんです。ひと夏の思い出を一緒に過ごそうね!

    綾乃
    綾乃
    ラブコメヒットメーカー・裕時悠示先生の新作は、ひと夏の旅物語。同居よりも隣人よりも常に近くにいる二人を描いた、「同乗」ラブコメだよ!

    廉太郎くんは高校最後の夏休みを利用して、北海道旅をしてみたいんだって。それで運転免許を取っちゃうんだもん。すごい行動力だよね!

    大人になってからの観光旅行だと面白くない、と言って「普通」を嫌う廉太郎くん。どこまでも自由な彼には、あやりちゃんも勇気づけられることがあるんだ。

    あやりちゃんは複雑な家庭事情にあるの。そして、廉太郎くんが目指す北海道はあやりちゃんにとっても、特別な土地。本当は自分も行きたいけれど、その一歩が踏み出せなくて……。

    でもいつもあやりちゃんとはケンカしてばかりの廉太郎くんが、持ち前の自由さで素直になれない彼女のことを引っ張ってくれるの。普段のケンカップルなやりとりだって見ていて楽しいのに、旅にいたるまでの人間ドラマも深くて惹きつけられちゃった!

    自由気ままな廉太郎くんと、きっちりしっかりしてるあやりちゃんという正反対なふたりの夏旅。ふたりはこの先、北の大地でどんな特別な思い出を作っていくんだろうね? とっても楽しみだな!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 20
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    まさに青春小説。読みながら思い浮かんだのは尾崎豊の詩の世界観でした。「普通とは違うこと、自由であること」を求める主人公の廉太郎とは表現の発露の仕方が違うけど、反骨精神を含め根源的な部分が似ているなあと感じます。一方、そんな彼に思いを寄せながら素直になれないヒロインあやりは「普通である」ことを求める。二人が抱える家族への鬱屈した思いは共通しているけど、対極的な感情を持つところが興味深いですね。さて、物語は夏旅のスタート地点に立ったばかり。これからどんなロードムービーを見せてくれるのか。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    車で夏の北海道を旅する夢のため、こっそり校則違反の免許を取った沢北廉太郎。しかしなぜか彼を目の敵にする冷酷な風紀委員・鮎川あやりに運転しているところを見つかってしまう青春冒険ラブコメ。なぜか廉太郎に一緒にドライブをしながら運転技術を確認すると提案するあやり。助手席で彼女が見せた意外な可愛い一面があって、口では厳しいことを言いながらも彼をさりげなくフォローする彼女の優しさがあって、これまで知らなかった一面を垣間見せる彼女と、事情により一緒に北海道へ旅することになったこれからの展開が楽しみな新シリーズですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    なんと古臭い考えをする少年だろうか。 ドライブで自由を感じたい、とは何とも古臭い。俺は自由になるなんて青臭い通り越して恥ずかしい。今は共感が正義で連帯こそ素晴らしい時代なのだ。 だからこそ羨ましい。昭和の時代これでもかと謳われていた自由。でもそれってそういう風潮だったから、それに乗っかていた偽造された共感でもあった。 真に一人で考えた少年には時間と校則の制限があり、自分は自由になれないことを知っている。 だからこそ足掻くし、普通でないことを誇りに思う。 今だからこそ少年の行動は少女を動かして見せたのだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    車で夏の北海道を旅行する為、校則違反なのに運転免許を取った沢北廉太郎が、妹の送迎の為運転している所を風紀委員で何故か目の敵にされている後輩の鮎川あやりに見つかって…というあらすじ。そんな彼女と北海道旅行に出るまでがメインの話となる。表紙から受ける印象通り、爽やかでロマンあふれる内容だが、北海道へ旅行するのにはしっかりとした理由がある。校則違反覚悟で免許を取ったのも、高3の夏なのに旅行へ行くのも、また彼女がついてくるのも全て芯の通った話だったので、最後まで綺麗にまとまっており、続きを期待させる内容だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    裕時先生の作品読むのも久しぶりに感じますが、ハーレムでは無い此方の作品の方が他シリーズより個人的には好きでした。ただ、最近ラブコメ作品読みすぎたせいか、凄い特質あるようには感じなかったですが、まぁ、そんなものは必要ないでしょう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 今まで読んだ本
    とむが作成したまとめ今まで読んだ本で紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/04/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815612924

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK