S級ギルドを追放されたけど、実は俺だけドラゴンの言葉がわかるので、気付いたときには竜騎士の頂点を極めてました。 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

S級ギルドを追放されたけど、実は俺だけドラゴンの言葉がわかるので、気付いたときには竜騎士の頂点を極めてました。 3

世界最高の竜騎士、ドラゴンがいなくても最強!?
著者: 三木なずな (著者) / 白狼 (イラスト)
シリーズ:S級ギルドを追放されたけど、実は俺だけドラゴンの言葉がわかるので、気付いたときには竜騎士の頂点を極めてました。(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

超高難度のミッションをも攻略し、
竜騎士界の頂点へと駆け上がっていくシリル。
任務の中で救出したドラゴンと契約を結んだ彼が獲得したのは……
竜人化という規格外の能力だった!

圧倒的な強さを誇る竜人への変身には、莫大なエネルギーが必要。
しかし、精鋭揃いの仲間たちに支えられ、
シリルは竜人としても急速に進化を遂げていく!
ドラゴンをも超越する力を手に入れた彼の姿に、
最愛の相棒となった姫君もメロメロ!

竜がいなくても最強の竜騎士――そんなシリルの噂は、
世界の常識を根底から覆すような依頼をも呼び寄せてしまい……!?

向かうところ敵なし。竜騎士×無双ファンタジー、第三幕!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • nishiyan

    竜人化という規格外の力を手に入れたことで、より一層、竜騎士界の頂点へと駆け上がっていくシリル。その力には代償もあって…という本巻。相棒ジャンヌの画策もあってドラゴンファーストだけでなく、シリル自身の名声が高まる展開はテンポよく心地よい。新たに出会う竜たちも個性派揃いで、特に原種の仔ドラゴン・レアが加わったことで彼女に嫉妬する竜が出てくるなど賑やかで楽しかった。レアがじゃれるところがとても可愛らしかった。シリルたちの快進撃はどこまでいくのか。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    竜人化という規格外の力にシリルが振り回される中、彼自身にも注目が集まり始める今巻。―――過ぎた力は重くとも、この力で守る為に。 古巣のギルドに更にダメージを与えたり、原種のドラゴンに懐かれたり。新たな力と仲間を得る中、シリル自身にも注目が集まり更に成り上がりの道を突き進んでいく巻である。更に多くを手に入れ、もっと早く竜騎士の頂点へ。どんどんと成り上がり、注目を集めていくシリルは何処までいけるのか。さらに多くのドラゴンや人達が彼に魅了されていく中、今度はどんな出会いが待っているのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK