カワイイけど慎重すぎるお嬢様の笑わせ方 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

カワイイけど慎重すぎるお嬢様の笑わせ方 2

二人の仲が急展開!? 甘々な夏休みスタート
著者: りんごかげき (著者) / あゆま紗由 (イラストレーター)
シリーズ:「カワイイけど慎重すぎるお嬢様の笑わせ方」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

優しくて、……大好き

こっそりバケーション中?
氷風呂、温泉旅行、ボーリング
二人だけでアオハルを満喫する夏休み編に突入!


「ここは浅花水族館! あたし桃猫ハルは、特別な人と一緒に来ています。この後、旅館でお泊まりの予定よ。以上、浅花水族館からでした!」

好きな人と過ごす初めての夏休み。デパートの福引で一等が当たった僕と桃猫お嬢様は、温泉旅行に二人っきりで出かけることになった。
そして、二人で一緒に露天風呂に入りながら眺めた、七色の花火――。
「も、桃猫の方がきれいだよ……」
「ええー?」

さらに夏を満喫しようと、僕たち二人だけの初チャレンジで大忙し!?
桃猫がくれたミサンガにこめた願いを知っても、君は僕にだけ笑ってくれるのかな? 人見知りな二人のぶきっちょな恋物語・第二幕。

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    独特のテンポ感で進む慎重すぎる少年少女のぶきっちょラブコメ第二弾。相変わらず二人ともかあい〜!今回のメインは二人で一泊の温泉旅行。ハルさん、攻めすぎじゃない?グイグイ迫る彼女にも理性を働かせるカナトですが、ちょっと臆病すぎて勇気を出しているハルが不憫になってしまった。でもちゃんと自分と彼女向き合って前進できたのは良かったかな。不器用ながらお互いに気持ちを確かめ合った二人はこれからどんな道を歩んでいくのか。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    好きな人と過ごす初めての夏休み。デパートの福引で一等が当たった森カナトと桃猫お嬢様は、温泉旅行に二人っきりで出かける第二弾。時にはクラスメイトたちに焼肉会に誘われたりしながら、一緒に氷風呂に入ったりスイカを食べたり、温泉旅行に行ったりボーリングしたりと、二人だけの初チャレンジで大忙しのアオハルを満喫する夏休み。時にはハルを不安にさせることはあっても、それだけハルにとってカナトがかけがえのない存在になってきているからで、お互いに想いを確認し合う人見知りで不器用な二人がとても微笑ましくて可愛くて良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぽなぎ

    なんかもう慎重すぎる主人公になってないかw カナトへの大好きをぶつけまくってくる桃猫様がヤバい。もうすっかりカナトになら何されてもいいレベルで猛アピールしてくる桃猫様が愛おしすぎます。反面カナトは未だに臆病な気持ちを引きずり続けててなかなか自信を持てないのにちょっとやきもきしたなぁ。まあカナトの生い立ちと桃猫様の繊細なところを見てきたっていうところがあるからしょうがないね。そんな好きあってても時に弱気な気持ちに苛まれるカナトだけど最後にはお互い積極的に好意を伝えられるようになって良かった(8/10) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    前巻で色々あった結果、森カナトの前では笑えるようになったお嬢様、桃猫ハルのラブストーリー第2巻。夏休みに懸賞で当たった温泉一泊旅行で関係を深めようとグイグイ行くハルに対し、慎重すぎる森カナトになってしまうお話。登場人物は実質この2人だけなのに、会話のテンポ、お互いの呼び方、2人の間に流れる空気が他の作品にはない、独特の雰囲気を醸し出している。ハルは冒頭からカナトを大好きと気持ちを表しているのに対し、明確な返答を避けてきたカナトだが、目次にある通りついに陥落。その様は尊い以外ないので、是非読んでみて欲しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    相変わらず独特なテンポと言葉のチョイス。それが二人の世界を浮き上がらせて、より甘さを引き立てている。桃猫様がとても積極的な姿勢で、こういう部分も当然素なんだろうなと思えた。慎重とか、大人しいとか単純な属性で人を括ることなんて不可能。『カワイイ』の部分は絶対的なものだけど。カナトの方はここまでされても信じられないのは根深いな。だけど好意をいつでもぶつけてくれる桃猫が少しずつ解きほぐしていって、不器用ながらも自分の言葉で気持ちを伝えて、この二人が出会ってくれてよかったと思えた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/04/15
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784815611873

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK