刹那の風景 3 竜の縁と危亡の国
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

刹那の風景 3 竜の縁と危亡の国

「元勇者」と「弟子」の旅、第三幕。陰謀を阻止するためとある国へ――。
著者: 緑青・薄浅黄 (著) / sime (イラスト)
シリーズ:刹那の風景(ドラゴンノベルス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

弟子アルトとの旅を続けるセツナは、想いを通わせた竜の娘・トゥーリと別れたあと、森で疲れ果て座り込んでいる男と出会った。男の名はサイラス、なんでも国で宰相暗殺疑惑をかけられ、「騎士」をはく奪されたうえ、転送魔方陣で跳ばされてきたという。悲嘆にくれるサイラスだったが、セツナは、サイラスの追放は、毒を盛られた国王のため、ひそかに解毒剤を持ち帰る使命を託された、という真相を見抜く。「国に戻りたい」というサイラスの願いを聞き入れたセツナは、アルトとともにサイラスの故国・リペイドに向かうことにするが、リペイドへ続く洞窟には、トゥーリに関係するある人物が待ち受けていて……。セツナは国と国の陰謀を解決し、サイラスを救うことができるのか?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • T

    旅の中で出会った竜の娘・トゥーリ。彼女と想いを通わせるも、諸事情故にいったん別行動をとることになったセツナ。アルトとともに旅を続ける中、彼は森で一人の騎士と出会い、国の陰謀に巻き込まれることに。さらには、トゥーリと関係のある人物とも出会い・・・。森で出会った忠義の騎士・サイラス。そして、彼を国へ連れ帰る途中で出会ったトゥーリの兄・リヴァイル。彼らとの気さくなやり取りや、セツナとサイラスの出会いによって紡がれた忠義の物語が心に刺さって面白かったです。これからのセツナとアルトの旅路がますます楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さーさん

    web版既読。リヴァイルとサイラス登場。妹・トゥーリを挟んでギスギスした関係のリヴァイルとセツナだけど、web版に比べるとリヴァイルはセツナを気にかけている様子。サイラスも騎士らしさがアップされて大変読み応えがあった。次巻も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さなえ

    リペイド編。サイラスやリヴァイル、リペイドの皆さん登場。ガイロンドとかガーディルとか嫌な国が多い。改変部分も納得。加筆部分も興味深い。リシアと冒険者ギルドの関係は公ではないの? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 葛宮詠

    Web版との違いが多いため、小説家になろう連載時既読でも楽しめた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK