最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する 9

次なる暗躍は――劣勢に陥った帝国を救い、反乱を終幕させよ!
著者: タンバ (著者) / 夕薙 (イラスト)
シリーズ:最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ゴードンたち反乱軍により劣勢となるアル陣営。レオ、エルナたち援軍が帰還を急ぐ一方、城に残ったアルの暗躍は着々と進行していく。そんな中、王国の守護聖竜が現れ――シルバーと対峙する! 帝都反乱編、終幕!!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    ゴードンたち反乱軍により徐々に劣勢となるアル陣営。レオ、エルナたち援軍が帰還を急ぐ一方、城に残ったアルたちはそれぞれ何とかしようと奔走する第九弾。要となる虹天玉をゴードンたちから守るため各々が奮闘する兄弟たち、アルたちの機転や暗躍もあって制圧が思うように進まず焦るゴードン、そして到着した援軍と突如現れた王国の守護聖竜。刻一刻と変わる戦況での判断が明暗を分けた感がありましたけど、難しい立ち位置だったシルバーや帰ってきたレオたちの見せ場もしっかりあって、どうにかこうにか乗り切った激動の展開は面白かったですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    三男ゴードンと次女サンドラの叛乱で父親の皇帝を城から出さないで拘束出来るかが勝負の分かれ目。皇帝は玉座の間で最強の護衛騎士に護られながら、反乱軍を蹴散らしている。守りに入られるとなかなか突破出来ない布陣。打開策に反乱軍は人質に皇族を捉えようと皇族を血眼で探しているが、出涸らしと呼ばれているアルが秘密の通路を駆使して取り残された皇族を次々と玉座の間に連れて来る。ついでに城の守りに重要な宝玉も関わって来る。その宝玉を数多く集めた方が城の結界を制御下における。それを一番下の皇子と皇女が奮闘する。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    ゴードンとサラの反乱により帝都がひっちゃかめっちゃかになる中、起死回生の一手として紅天玉を奪いにかかるのだが...な第9巻。やっとこさゴードンとサラの話は一応の決着がついたな。まあそのかわりに違う兄弟が動きを始めることになったが...なんか中ボスって感じなんだがこれ大丈夫か?エリクがラストにしてもまだまだ底が見えてないし果たしてどうなる事やら。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    遂に反乱決着。皇族たち、それぞれの戦い。その後の様々な勢力の変化が気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    帝都反乱編、決着。熱い戦いの連続でハラハラし続けた9巻。反乱編のクライマックスだから当然といえば当然なんだけど、怒涛の展開が次々襲ってきて体力の必要な読書でした。そこが好き。リタの戦いにフィーネの行動、レオの凄まじさにアルノルトとしてのアルの活躍。書きたい感想が多すぎる。ザンドラとズーザンの顛末はこの親子らしすぎるなんとも言えない最期。ヨハネスはかっこいい父ちゃんなのにどうして…。ここから対エリク戦に向かうのか、他の兄弟が暗躍を始めてしまうのか。あとアルは事件が起こる前に起きれるのか。続きに期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK